Tuesday, October 30, 2012

『虎屋饅頭』

『虎屋饅頭』は、聖一国師(しょういちこくし)が仁治2年(1241)に中国より帰国して、
栗波吉右衛門(茶店の主人)にその製法を伝えたといわれています。

今日のブログは、この『虎屋饅頭』の販売再開を伝える、明治39年(1906)の新聞広告
をご紹介します。






明治39年(1906)7月20日の「都の花新聞」です。
明治維新以来途絶えていた『虎屋饅頭』を復活販売する旨の、とらや本店(現 京都一条店)
の広告です。
「一箇貳錢」という値段や「賣出し致し候」とのいい回しなど、時代を感じることができる
のではないでしょうか。


『虎屋饅頭』は、工夫を加えた独特の酒饅頭として代々受け継がれてきました。
現代の、かるく軟らかい傾向や、蒸すなどの手間を掛ける必要がないお菓子とは異なる
伝統の商品です。




















糯米と麹を使い、2日間かけて元種をつくるのため、“コク”のある独特な酒の香りをお楽しみ
いただくことができますが、製造個数には限りがあります。
また、添加物を使わず昔ながらの製法でおつくりしているため、皮が硬くなりやすい性質が
ありますので、お召し上がりの際には蒸し直し、『虎屋饅頭』本来の風味をお楽しみください。

※『虎屋饅頭』の製造風景は、季節の羊羹『竹葉の香』のブログでご紹介しています。


『虎屋饅頭』は、寒い時期(10月下旬から3月中旬)だけに限定でおつくりしています。
とらや伝統の饅頭を、ぜひお試しください。

-----------------------------------------------------------------------------
『虎屋饅頭』
   *小麦を含む アルコール濃度0.4%
   価格:399円(税込)
   販売期間:2012年10月18日(木)~2013年3月中旬(予定)
   販売店:赤坂本店・TORAYA TOKYO・東京ミッドタウン店
                銀座店・新宿伊勢丹・京都一条店・京都四条店
-----------------------------------------------------------------------------

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Thursday, October 25, 2012

熊本鶴屋 創業60周年特別企画

2012年10月24日(水)、鶴屋百貨店(熊本)に〝とらや期間限定ショップ〟がオープンしました。
10月30日(火)までの期間限定ショップは、鶴屋全館で行われる催し「伝統の日本 新しいニッポン 
日本のモノ」にあわせて、鶴屋創業60周年特別企画としての出店です。




















鶴屋百貨店さまより、伝統の日本=とらや、新しいニッポン=TORAYA CAFÉ と位置づけられ、
通路を挟み右側にとらや、左側に TORAYA CAFÉ のショップが設けられています。



京都から派遣された製造担当者が、今年採れた新栗を使い『栗きんとん』をおつくりしています。
日ごろ実演する機会がないためか、多くのお客様の前で緊張気味です。









       下の画像をご覧ください。
       限定ショップには、『トートバッグ』『豆皿』『かるた』などの和菓子まわりの品々(左の画像)や、
       地域や店舗限定の桃山『雲居のみち』・小形羊羹『黒豆黄粉』・中形羊羹『空の旅』など(右の
       画像)日ごろ目にすることがない商品を数多く取り揃えています。





通路を挟んだTORAYA CAFÉ の限定ショップです。
九州初登場ということもあり、『あんペースト』や『あずきとカカオのフォンダン』など馴染みのないお菓子ばかりですが、興味を持ってくださるお客様が多く、販売に携わる私たちも楽しくお話しさせていただきました。

社員に人気の『あんペースト』は、バターを塗ったトーストにたっぷりとつけるのがお勧めです。また、ヨーグルトに入れるとヨーグルト独特の酸味が消えるので、ヨーグルトが苦手な方にぜひ試していただきたい食べ方です。



会期は10月30日(火)までです。
とらやで働く私たちでさえ手に入れることが難しい商品を多く取り揃えていますので、
ぜひ〝とらや期間限定ショップ〟へお越しください。


-----------------------------------------------------
会場:鶴屋百貨店 本館 地下1階催事場
期間:2012年10月24日(水)~30日(火)
営業時間:10:00~19:00
                      ※金・土は10:00~19:30
----------------------------------------------------
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Wednesday, October 24, 2012

虎屋京都ギャラリー|虎屋所蔵品 近世の絵画展


 





























                                                                  伊藤若冲「伏見人形図 布袋と狐」 


2012年10月27日(土)より、虎屋京都ギャラリーにて「虎屋所蔵品 近世の絵画展」を開催します。
これまでお客様の目に触れる機会がなかった未公開作品を、京都にて展示します。


     <展示作品>
          菱川師宣 「若衆枕香之図」★
          宮川長春 「僧破戒之図」★
          宮川一笑 「雪中美人図」★
          酒井抱一 「月見観音像」★
          中村芳中 「菊図扇面屏風」★
          中村芳中 「鶏頭花 自画賛」★
          中村芳中 「流水鶺鴒図」★
          鈴木其一 「神功皇后図」★
          伊藤若冲 「伏見人形図 太夫と牛」★
          伊藤若冲 「伏見人形図 布袋と狐」☆
          川又常行 「年中行事絵巻(部分)」☆

          ※計11作品 ★:初公開  ☆:関西初公開
          ※ニュースリリースはこちら



虎屋京都ギャラリー隣の虎屋菓寮 京都一条店」では、和菓子とともに庭の散策や本棚の書籍をお楽しみいただける他、展示期間中は、京都御所一般公開をはじめ、京都各所で
多くのイベントが開催されます。
※京都御所一般公開10月31日(水)~11月4日(日)
秋の京都の楽しみのひとつとして、ぜひ虎屋京都ギャラリーにお立ち寄りください。
皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

---------------------------------------------------------------------------------------
虎屋 京都ギャラリー第6回企画展 「虎屋所蔵品 近世の絵画展」
   期間:2012年10月27日(土)~12月2日(日) 午前11時~午後5時
   会場:虎屋 京都ギャラリー
           京都市上京区一条通烏丸西入 虎屋菓寮 京都一条店横
           地下鉄今出川駅より徒歩約7分
   電話 075-431-4736
   休館日:なし
   入場無料 
---------------------------------------------------------------------------------------

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

セレオ八王子売店 開店のお知らせ

2012年10月25日(木)、とらやセレオ八王子売店が開店します。

開店前日の今日のブログは、昨日(10/23)行われた内覧会の画像とともに、
とらやセレオ八王子売店をご紹介いたします。




この画像は、10月22日(月)の八王子駅ビルです。
既に、八王子駅の案内とともに〝CELEO〟のサイン
が掲げられています。
八王子そごうの営業終了(2012年1月末日)から
10ヶ月余りで、セレオ八王子北館として新しい姿
となりました。






とらやが出店するのは、1階食品フロアです。
1階入口から左にお進みいただくと、左側
2店目がとらやです。










開店準備が整った売場をご覧ください。
向かって右側が紀の国屋さま、左側が源吉兆庵さまです。









お店の顔とも言える「暖簾」を目印にご来店ください。
セレオ八王子売店には、左の画像のようにお客様が
ご自身で手に取っていただけるコーナーや、ゆっくりと
席にお掛けいただけるコーナー(画像左奥)も備えて
います。



月が美しいこの時期(今年の十三夜は10月27日)に、とらやセレオ八王子売店では、
開店記念として大棹特製羊羹『月の眺』をご用意いたしました。

『月の眺』
日々移ろいゆく月の姿を、特殊な製法により
一棹の中に表わした羊羹です。
空に浮かぶ月が、一切れごとに姿を変えて
ゆくさまをお楽しみいただけます。
 ・限定数  10本限り
 ・価格      1本:10,500円
 ・重量      NET1,400g
 ・サイズ   24.5×7.0×6.0cm

店員一同、皆さまのご来店をお待ちしております。
そごう時代と変わらない販売員もおりますので、お近くにお越しの際には
ぜひ、とらやセレオ八王子売店にお立ち寄りください。

-----------------------------------------------------------------------
セレオ八王子売店
   開店日:2012年10月25日(木)
   住所:東京都八王子市旭町1-1
   営業時間:10:00~21:00
※セレオ八王子の詳しい情報はこちらをご覧ください。
-----------------------------------------------------------------------

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Monday, October 22, 2012

虎屋菓寮 京都一条店の「酔芙蓉」
















庭に面した席が気持ちよい季節となりました。

今日のブログは、虎屋菓寮京都一条店の庭に咲く〝酔芙蓉(すいふよう)〟をご紹介します。
午前中に咲いた酔芙蓉。
花が咲いてすぐは白いのですが、だんだんと色づき夕方には紅色になります。
まるでお酒に酔っているように見えることから、この名がついたようです。



左は午前、右は夕方。
同じ花であることが不思議です。


全体的に色が濃くなっていく花、一箇所だけが紅色になる花など個性があって、
毎日違う表情を楽しむことができます。


















酔芙蓉は、10月下旬まで楽しめそうです。
虎屋菓寮 京都一条店にお越しの際には、ぜひ庭に出て酔芙蓉をお楽しみください。

--------------------------------------------------------------------------
虎屋菓寮 京都一条店
   住所:京都市上京区一条通烏丸西入
   電話:075-441-3113
   営業時間:平日11:00~18:00(オーダーストップ17:30)
                   土日祝日10:00~18:00 (オーダーストップ17:30)
   年中無休(元日除く)
   地図はこちら
--------------------------------------------------------------------------
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Friday, October 19, 2012

十三夜

秋の名月を鑑賞する「お月見」。
旧暦8月15日の「十五夜」が有名ですが、旧暦9月13日の「十三夜」の月もまた、
美しいとされています。

今年の十三夜は10月27日。
とらやでは、十三夜にちなんだ生菓子をご用意しています。




















まずご紹介するのは、東京地区で販売する『栗名月』です。

十三夜は、栗を供えることから「栗名月」とも呼ばれています。
新栗のみをたっぷり使った餡で御膳餡を包み、栗をイメージした茶巾絞りにしました。
(ちなみに十五夜は芋を供えることから「芋名月」とも呼ばれています。)





続いて、関西地区で販売する『月下の宴(げっかのうたげ)』をご覧ください。


草むらから立ちあがって月を愛でる兎の姿を表わした薯蕷饅頭です。
兎の焼印がとてもかわいらしいですね。

























薯蕷饅頭に焼印を押していると、
あたりに甘い香りが立ち込めます。


月見酒もすてきですが、
今年の十三夜は月見菓子で甘いひとときをいかがでしょうか。


--------------------------------------------------------------------------------------------
『栗名月』(くりめいげつ) 御膳餡入
   価格:1個525円(税込)
   販売期間:2012年10月25日~27日
   販売店:赤坂本店・東京ミッドタウン店・銀座店・日本橋店・帝国ホテル店・
                TORAYA TOKYO・御殿場店・新宿伊勢丹・玉川髙島屋S・C・
                アトレ目黒1・横浜そごう・日本橋髙島屋・日本橋三越・池袋西武・
                渋谷東急東横
                御殿場店のみ10月1日から31日まで販売します。
『月下の宴』(げっかのうたげ) 薯蕷製 白小倉餡入   *山芋を含む
   価格:1個420円(税込)
   販売期間:2012年10月25日~27日
   販売店:京都一条店・京都四条店・京都髙島屋・大丸京都店・
                ジェイアール京都伊勢丹・松坂屋名古屋店・名古屋名鉄・
                名古屋三越・名古屋髙島屋・梅田阪急・梅田阪神・
                大丸心斎橋店・難波髙島屋・阿倍野近鉄・神戸そごう
--------------------------------------------------------------------------------------------

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Monday, October 15, 2012

TORAYA TOKYO の煉瓦

煉瓦に囲まれた、TORAYA TOKYO の客席の一角をご覧ください。
この1枚の写真から、煉瓦のいくつもの表情が感じられるのではないでしょうか。

































大正3年(1914)の創建から98年。
TORAYA TOKYO の店内に、大正・昭和・平成それぞれの時代を感じることができます。


先ずは〝木煉瓦(もくれんが)〟のクローズアップをご覧ください。

中央やや下の木煉瓦は、表面が削られた
ため創建当時の木の材料を見ることが
できます。
その左右の黒い木煉瓦は、昭和20年(1945)
の空襲で焼け炭化したものです。
木煉瓦は、木製の煉瓦型のブロックで、
内装を取り付ける際の補助材として釘打ちが
できるように埋め込まれたようです。
※別に、煉瓦積の際にサイズ調整を目的に
使われたとも言われています。


創建時の〝煉瓦積鉄骨造り〟という
工法を見ることができる一角です。
98年の歴史の中で、何かを埋め込む
ために壁が削られ、煉瓦に隠れていた
鉄骨が剥き出しになっています。
水平と斜めの鉄骨とボルトを、間際から
眺めることができます。




























大正3年と現代が共存する空間。
夜の TORAYA TOKYO には、どこかノスタルジーを感じることができます。




------------------------------------------------------------------------------------------
TORAYA TOKYO
   所在地:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京ステーションホテル2 階
               ※JR「東京」駅 丸の内南口直結
   電話:03-5220-2345  ※10/3(水)より開通
   営業時間:10:00~21:00(平日・土曜) 10:00~20:00(日曜・祝日)
                   ※祝前日は21:00 まで。
                   ※喫茶オーダーストップは閉店の30分前です。
   年中無休
------------------------------------------------------------------------------------------

ご意見お待ちしています
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Friday, October 12, 2012

とらやの『栗鹿の子』

一面の栗。

おいしそうな、とらや御用場の秋景色です。
今日のブログは、栗をまとった生菓子『栗鹿の子(くりかのこ)』をご紹介します。


先ずご覧いただくのは、肝心要の蜜栗です。





今年採れた新栗を蜜漬けするのですが、
このとき、一度漬けた栗を蜜から取り出して、
蜜だけを釜で煮詰め、糖度を上げます。
そして再び栗を戻し漬け込むことで、私たちが
求める甘さ硬さの蜜栗ができあがります。






続いて、ゆっくりと甘さをふくませた栗をナイフで半分に割りますが、
芽(先端にある黒い点)は丁寧に取り除きます。



かたちを整えた栗を、餡玉につけていきます。
餡は貴重な白小豆と砂糖のみでつくられた白餡です。











『栗鹿の子』に使用している栗は6枚。
頭に1枚、側面四方に4枚、きちんと底にも1枚です。










仕上げに「天蜜」(寒天と砂糖を煮溶かしたもの)を塗って完成です。











〝つやつや〟の『栗鹿の子』(右手前)ができました。
天蜜を塗る前のものと比べてみると、きらめきが違います。
ダイヤモンドの原石が磨かれて光を放っているかのようです。














『栗鹿の子』は、餡玉に蜜栗をつけただけのシンプルなお菓子です。
シンプルなお菓子であるからこそ、一つ一つの素材や工程を大切にしています。
今年の『栗鹿の子』は10月31日まで。
ぜひともご賞味ください。

--------------------------------------------------------------------
『栗鹿の子』
   価格:1個525円(税込)
   販売期間::2012年9月8日(土)~10月31日(水)
   販売店:生菓子取扱店
                    ※数に限りがございます。
                        お求めの際にはご予約をお勧めします。
--------------------------------------------------------------------

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Tuesday, October 09, 2012

とらや東京ミッドタウン店|第26回企画展「こけしと出会う」

皆さまは「こけし」と聞いて、どのようなイメージを持たれるでしょうか?


「古くさい土産もの」「怖い顔をしている」など、少し縁遠い言葉が浮かぶなら、ぜひ東京ミッドタウン店
で開催している「こけしと出会う」展にいらしてください。
きっと、「こけし」の素朴で味わい深く愛らしい姿から、懐かしさと同時に新しさを感じていただける
ことと思います。


















  「こけし」のはじまりは江戸末期。
東北の木地職人たちが、器や盆づくりの副業として、子供向けに作った玩具の人形が
発祥とされています。
木を削るところから描彩まで、ひとりの工人(こけし職人)が作り上げる「こけし」は、
家族連れが訪れる温泉地を中心に、おみやげとして販売されていました。

「こけし」は、東北各地の温泉地を中心に技術やデザインが継承され、現在は11系統に
分類されています。
本展では、この11系統のデザインをご紹介するなど、様々な表情の「こけし」を展示しています。





「あるとき、お菓子を知るため旅した東北で出会ったこけし。もっとも簡素な形をもって人の姿を表し、心の内までも映し出したような趣と佇まいに、お菓子へ抱くのと違わぬ人なつこさを覚えた。どちらも生きるのに、なくてはならないものではない。しかし少しでもかじれば、たちまち心を奪われる。道中、こけしとお菓子を交互に見つめながら、なんとも甘美な時を過ごした。」
これは、展示にご協力いただいた甲斐みのり氏が、本展のために記された文章です。

感じ方は人それぞれです。
ブログをご覧の皆さまも、ぜひとらや東京ミッドタウン店でこけしの魅力をお感じください。




 

〈限定販売商品〉

『とらやこけし』(11種)

とらやの菓子の意匠(デザイン)を題材に、
11人の工人が製作した、とらやオリジナルのこけしです。
※10月2日より順次販売します。
(10月中旬過ぎには11種全てが揃います)

4寸(各種):3,150円
6寸(各種):5,250円


『からからせんべい』(ミニこけし入り)
小さいサイズのこけしが入った宇佐美煎餅店(山形県)の『からからせんべい』。
オリジナルのパッケージとこけしは、文筆家 甲斐みのり氏によるプロデュース。(数量限定)

2個入り:630円











-----------------------------------------------------------------------
第26回企画展「こけしと出会う」
   期間:2012年10月2日(火)~12月17日(月)
   会場:とらや東京ミッドタウン店(店舗併設ギャラリー)
   東京都港区赤坂9‐7‐4
   時間:11:00~21:00
*協力(敬称略・順不同)
   コチャエ・コゲスンボコ社・甲斐みのり・美轆会・西田記念館
-----------------------------------------------------------------------

とらや東京ミッドタウン店
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Friday, October 05, 2012

菓子づくりの道具|抜き型

長月は旧暦9月の異称です。
語源は諸説ありますが、だんだんと夜が長くなっていく「夜長月」という言葉を略したとも
言われています。

今年の十五夜(旧暦8月15日)は9月30日(日)、十三夜 (旧暦9月13日)は10月27日(土)です。
東京では台風と重なり十五夜を楽しむことができませんでした。

そこで今日のブログは、虎屋 WAGASHI・HAUTE COUTURE の担当者が〝抜き型〟を使い創作した、
お月見を彩る和菓子をご紹介します。














深まり行く秋とともに紅く染まりゆく楓と銀杏を、抜き型を使い表わしました。














煉切の表面を、自作の抜き型を使い持ち上げ、兎の耳をつくりました。















抜き型で抜いた羊羹製の楓を、卵羹(卵白に羊羹を混ぜたもの)に入れました。
下の段は羊羹を流しかためておつくりしています。














羊羹の土台の上に、お月見をイメージした煉切を合わせました。
丸い抜き型で月を抜き、ススキの抜き型で穂の跡を残しケシの実をつけました。




虎屋 WAGASHI・HAUTE COUTUREでは、お客様の想いやお使い道などの
ご要望を最大限に汲み取り、素材からかたち・色・菓銘にいたるまで、
お客様とご一緒に考え、「その方だけの和菓子」をおつくりしています。
ぜひ、お客様だけの特別なお菓子を、私たち虎屋 WAGASHI・HAUTE COUTURE
へご相談ください。

虎屋 WAGASHI・HAUTE COUTUREは、お客様だけの特別な和菓子をご用意しています。
(同一のものはおつくりできませんので、ご注意ください。)
※ご注文の流れについては、とらやホームページをご覧ください。

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Wednesday, October 03, 2012

TORAYA TOKYO|本日開店




2012年10月3日(水)、本日 TORAYA TOKYO は東京駅丸の内駅舎内に開店します。

TORAYA TOKYO が開店する丸の内界隈は、とらやにとってゆかりの深い場所です。
京都で創業したとらやが、明治2年(1869)の東京遷都にお供し東京に構えた出張所は
丸の内1丁目でした。
その10年後に赤坂に店舗を移すことになりますが、東京での商売の基盤を固めた地は、
丸の内だったのです。

また、関東大震災の翌年である大正13年(1924)に、同業者に先駆けて配達用トラックを
購入したのも、皇室を中心とした受注生産から積極的な販売に転換し、丸の内界隈の
企業を中心としたお客様にもご利用いただきたいとの想いからでした。

昭和28年(1953)には念願の直営店を丸の内に出店し、新丸ビルが取り壊される
平成16年(2004)まで営業を続けてきました。

このように丸の内は、明治・大正・昭和の時代を通して、ゆかりの深い土地であり続けました。

そして平成24年、とらやの今を伝える店をつくりたいとの想いから、TORAYA TOKYO
東京駅丸の内駅舎に開店します。


































場所は、丸の内赤煉瓦駅舎の復原とともに生まれ変わった東京ステーションホテル2階です。
お近くへお越しの際は、ぜひ TORAYA TOKYO にご来店ください。




東京中央郵便局の前から撮影した、
東京駅赤煉瓦駅舎の画像をご覧ください。
写真中央の南ドーム2階の、灯りが点いた
窓が TORAYA TOKYO です。


TORAYA TOKYO のテラス席(ドーム内側)は
丸の内南口の改札口を望むことができます。



改札口から撮影した、TORAYA TOKYO です。
改札を出て左側のホテル入口から、
エレベーターで2階へお進みください。




TORAYA TOKYO のメニューや販売商品は、こちら①   をご覧ください。

------------------------------------------------------------------------------------------
TORAYA TOKYO
   開店日:2012年10月3日(水)  ※オープン当日は11:00に 開店いたします。
   所在地:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京ステーションホテル2 階
               ※JR「東京」駅 丸の内南口直結
   電話:03-5220-2345  ※10/3(水)より開通
   営業時間:10:00~21:00(平日・土曜) 10:00~20:00(日曜・祝日)
                   ※祝前日は21:00 まで。
                   ※喫茶オーダーストップは閉店の30分前です。
   年中無休
------------------------------------------------------------------------------------------


E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Tuesday, October 02, 2012

とらやの『栗粉餅』


ブログをご覧の皆さまは、もう栗生菓子を
お召し上がりになりましたでしょうか。      

今日は、早朝の御用場(菓子を製造する場所)
での『栗粉餅(くりこもち)』づくりをご紹介します。








写真上より
『栗蒸羊羹』『栗粉餅』『栗鹿の子』





『栗粉餅』づくりは、栗を裏ごしすることから始まります。
裏ごしした栗と白小豆から作った白餡をあわせて、そぼろの材料となる栗餡を
あらかじめ準備しておきます。
そして、もうひとつの材料づくりが、芯となる餡玉です。
まずは、餡玉の画像からご覧ください。

『栗粉餅』の餡玉は、御膳餡を求肥で
包んだものです。
そして、栗餡のそぼろをつける前に、
栗餡のそぼろが付きやすいように、
表面に蜜を塗ったものがこの画像です。
とてもつややかで、これだけでも美味しそう
です。

求肥で包むことは、もちもちとした食感が加わるとともに、深い味わいがにつながる
のではないでしょうか。


次に、栗餡を漉してそぼろにします。
とらやの栗餡は、
栗と白餡を混ぜあわせています。
栗だけを裏漉ししたものよりも
白餡を混ぜあわせたものの方が、
菓子として仕上げた際に、
栗の風味が引き立つと考えています。



そして「そぼろ付け」です。
まず底に付けて…










全体を覆うように付けていきます。
・餡玉が見えないように
・そぼろが剥がれないように、
 かと言ってそぼろをつぶさないように
・基準の大きさ、重さになるように
・まあるくふんわりと…
気をつかいながら仕上げます。


最後に、検品を担当するものが出来上がりを厳しい
目で確認し、合格したものだけに蓋を被せて完成です。














秋の人気商品『栗粉餅』は、職人がひとつひとつ丹精を込めておつくりしています。
夕方には売切れとなることが多い生菓子です。
ぜひ、ご予約の上お買い求めください。



--------------------------------------------------------------------
『栗粉餅』 求肥包御膳餡入
   初出年:元禄13年(1700)
   価格:525円(税込)
   販売期間:2012年9月8日(土)~10月31日(水)
   販売店:生菓子取扱店
             ※御殿場店は9月30日(日)で今年の販売を終了しました。
                    ※数に限りがございます。
                        お求めの際にはご予約をお勧めします。
--------------------------------------------------------------------
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/







朝一番にはこの器いっぱいだった栗餡。
すべて本日の『栗粉餅』となりました。
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.