Friday, March 30, 2012

中形羊羹、装いを新たに

2012年4月1日、中形羊羹のパッケージが新しくなります。





















とらやの代表的な商品、竹皮に包まれた羊羹。
3つのサイズのうち、「中形羊羹」の装いが新しくなります。



現在の中形羊羹(左写真)は、
1983年(昭和58年)4月1日に
紙箱入から竹皮包みの装い
になりました。
その後29年間、ラベルの文字
にわずかな変更はありましたが
基本となる姿に変わりはありま
せんでした。



そしてこの度、金色のゴムをなくし、ラベルをひとつにまとめ、
すっきりとした姿に変わります。

















新しい中形羊羹を広く知っていただき
たいとの思いから、可愛らしいタグも
つくりました。

ご自宅用にも、ご進物にも、新しい
中形羊羹をぜひご利用ください。




----------------------------------------------
中形羊羹
   種類:夜の梅(小倉羊羹)
            おもかげ(黒砂糖入羊羹)
            新緑(抹茶入羊羹)
            阿波の風(和三盆糖入羊羹)
   価格:各1本 1,533円(税込)
   販売店:全店
----------------------------------------------

ご意見おまちしています。
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Thursday, March 29, 2012

虎屋京都ギャラリー|日本画家 山岸泉琳の世界 -春景-

今日は、虎屋京都ギャラリーで開催中の「日本画家・山岸泉琳の世界 -春景-」をご紹介します。

山岸泉琳(やまぎしせんりん)氏は、「現代における風流」をテーマに、日本の伝統美と現代的な感覚
が融合した日本画を制作する女流画家で、京都 高台寺に納められた襖絵「枝垂れ桜」は毎年春に
高台寺の本堂で公開されています。




「桜月」(画像上)は、豊臣秀吉の妻のねねにゆかりのある京都の高台寺に咲くしだれ桜が月の明かりに照らし出されて、夜空を桜色に染めるように咲く様子を描いた作品です。
実際にギャラリーで見ていただくと、桜の色がとても繊細で、金泥(金粉をにかわで溶いた顔料)やプラチナ箔(白金箔)への光のあたり具合によって様々な表情を感じることができます。





日本画家・山岸泉琳の世界-春景-では、額・掛軸・扇面画など
新作を含め20点余りの作品を展示しています。


この作品は、今回の展示のために描かれた新作「花の浪」です。
展示にあわせて限定でおつくりする、山岸泉琳氏デザインの
特製干菓子『桜思ふ』の掛け紙にもなっています。

特製干菓子『桜思ふ』は、和三盆糖でおつくりした干菓子です。
口に含むとさらりと溶け、どことなく桜の美しさ、はかなさを
感じさせます。







日本気象協会による京都市の桜の予想開花日は4月1日、予想満開日は4月9日です。
またこの頃には、桜のみどころといわれる京都御所も一般公開(4月4日~4月8日)されます。
桜の名所巡りとともに、山岸泉琳氏が描いた桜を楽しんでみてはいかがでしょうか。



----------------------------------------------------------------------------------
日本画家・山岸泉琳の世界 -春景-
   開催期間:2012年3月24日(土)~4月30日(月)
   開催時間:午前11時~午後5時
   会場:虎屋 京都ギャラリー(京都一条菓寮横)

特製干菓子『桜思ふ』
   価格:1箱12個入 1,365円(税込)
   販売期間:2012年3月1日(木)~5月6日(日)
                   ※売切の際はご容赦ください。
   販売場所:京都一条店・京都四条店・虎屋菓寮京都一条店
                   ※高台寺でも販売されます。
----------------------------------------------------------------------------------

ご意見おまちしています。
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Monday, March 26, 2012

『新春の野』

彼岸を過ぎ、寒さも少しずつゆるんできたようです。
そこで今日は、春めいてきたこの時季にふさわしい湿粉製棹物『新春の野』
という菓子をご紹介します。






















 『新春の野』は、霞立つ春の野に、桜をはじめ様々草花の彩りが
満ちあふれる様を抽象的に表現した半生菓子です。

季節のめやすされる二十四節気をさらに三等分し、5日毎のこまやかな
気候の変化を示した七十二候に、「桜始開(さくらはじめてひらく)」という
候があります。
平成24年(2012)の、桜の咲き始めを知らせる第十一候「桜始開」は
3月25日(日)です。
昼夜の寒暖の差から霞がたなびき、桜が咲き始めるこの時季の風情を
表わしている菓子が『新春の野』です。


湿粉製棹物は、餡を裏ごしした
そぼろ餡で羊羹をはさみ、蒸し
上げておつくりしています。
湿粉製(しっぷんせい)の名の
通り、しっとりとした食感の
半生菓子です。

白・紅・緑をかさねた意匠が、
春の野の風情を感じさせます。



湿粉製棹物『新春の野』は、中形羊羹と同様の大きさでおつくりしています。
中形羊羹や虎屋最中などと詰合せて、今の季節ならではの贈りものにも
きっとお喜びいただける思います。


--------------------------------------------------------
『新春の野』
   価格:1本1,680円(税込)
   販売期間:3月上旬~4月下旬
    *販売期間は前後する場合があります。
   賞味期限:製造から24日
   販売店:全店(京都地区を除く)・オンラインショップ
--------------------------------------------------------


E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Friday, March 23, 2012

『桜あんみつ』

虎屋菓寮 東京ミッドタウン店では、桜の季節にあわせて『桜あんみつ』
がメニューに加わります。
今日は、桜の開花に先駆けて『桜あんみつ』をご紹介します。




『桜あんみつ』の名の通り、桜の花を味わっていただく「桜あん」が主役
のあんみつです。
桜の花びらを細かく刻み、白小豆からつくった白餡とあわせた「桜あん」
を中心に、塩漬けした桜葉を刻みいれた「桜葉羹」や桜色をした
粟羊羹「桜新引羹」など幾つもの桜を使った素材が散りばめています。


東京ミッドタウンと檜町公園は、あわせて147本もの桜がある都心の
皆さまぜひ、虎屋菓寮の『桜あんみつ』と「お花見」を楽しみに
東京ミッドタウンへお運びください。


-----------------------------------------------------
『桜あんみつ』
   販売店:東京ミッドタウン店
   販売期間:3月中旬~4月中旬
   価格:1,260円(税込)
   ※売切れの際はご容赦ください。
-----------------------------------------------------

ご意見おまちしています。
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Wednesday, March 21, 2012

春の東横のれん街まつり|桜にちなんだ生菓子

東急百貨店東横店にて開催の、「春の東横のれん街まつり(2012年3月22日(木)~4月4日(水)」
にあわせて、とらや渋谷東急東横売店では3月22日(木)~24日(土)の3日間、桜をモチーフとした
生菓子を限定販売いたします。
桜の開花に先駆けて、桜をモチーフとした生菓子で春の訪れをお楽しみください。



手折桜
たおりざくら

「春を謳歌するように咲く桜の美しさは、自分だけで賞美するには忍びなく、手で折って持ち帰りたい」という気持ちは、桜を愛してやまない日本人の自然な感情であると思います。
日本人の桜への想いが込められたお菓子です。

羊羹製白餡入
*「小麦」を含む




遠桜
とおざくら

花見といえば桜の下をそぞろ歩いたり、宴を開いたりしますが、野山に点々と咲く桜を眺めるのもまた風情があります。
遠くに見える桜の濃淡あるさまを、白と紅のそぼろで表わしました。

きんとん製小倉餡入





桜形
さくらがた

花の形を思わせる五角形の薯蕷饅頭に桜の焼印を押しました。
ほのかに透けて見える紅色は、野山が桜色に染まる情景を思わせます。

薯蕷製御膳餡入
*「山芋」を含む





「春の東横のれん街まつり」では、東横のれん街各店より春らしいお菓子や
お惣菜が限定販売されます。
この機会に、ぜひご来店ください。



---------------------------------------------------------
販売店:とらや渋谷東横売店
販売期間:3月22日(木)~24日(土)
価格:各1個420円(税込)
電話:03-3477-3111(百貨店代表)
*各日とも12時より販売いたします。
*数に限りがあります。売り切れの場合はご容赦ください。
---------------------------------------------------------

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Tuesday, March 20, 2012

東京ミッドタウン店|ギャラリーの記憶 展

2012年3月15日より、とらや東京ミッドタウン店併設のギャラリーにて、第24回企画展「ギャラリーの記憶」を開催しています。


とらや東京ミッドタウン店ギャラリーは、2007年の開店から今年3月30日で5周年を迎えます。
そこで今回は、5周年記念特別企画としてこれまでの企画展23回と、2回の特別展について映像を交えて振り返り、それぞれの展示パートナーの方々から頂だいした手紙をご紹介しています。

便箋だけでなく様々なものに綴られたパートナーの皆さまのお手紙からは、当時の思い出だけでなく、
ものづくりへの姿勢が感じられます。










色とりどりの個性的なお手紙とともに、5年間の「ギャラリーの記憶」をお楽しみください。
また、5周年を記念して、ご好評いただいた企画商品を復刻販売いたします。
数に限りがありますので、売切れの際はご容赦ください。


復刻販売の一例をご紹介します。

『鐶虎(かんとら)バッグ』
   第13回企画展「とらやのしるし展」の際に
   おつくりしたバッグです。
   およそ300年前、元禄3年に描かれた
   「鐶虎」を綿の生地に刺繍しました。
   各1袋(白・黒) 2,100円(税込)

  
 

--------------------------------------------------------------------------------
第24回企画展「ギャラリーの記憶」
   とらや東京ミッドタウン店(店舗併設ギャラリー)
   開催期間:2012年3月15日(木)~4月25日(水)
   営業時間:11:00~21:00
   ※4月25日(水) は展示替え作業のため、ギャラリーは13時で閉場となります。
--------------------------------------------------------------------------------

とらや東京ミッドタウン店
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Saturday, March 17, 2012

『おはぎ』

彼岸に付きものの『おはぎ』は、もともと春に豊穣を祈願し、秋に収穫を
感謝して神様に捧げるものだったようです。
そしていつしか、同時期の行事である「彼岸」に食べるものとして
定着したと言われています。


















「暑さ寒さも彼岸まで」とよく言われますが、春分の日・秋分の日を中心とした
前後各3日(あわせて7日)を「彼岸の節」と言います。 
とらやではこの「彼岸の節」の7日間、毎年『おはぎ』を販売しています。
春・秋あわせて、1年に14日間だけおつくりしているお菓子です。
皆さまぜひ、とらやの『おはぎ』をお試しください。


---------------------------------------------------------------------------------------
『おはぎ』
   販売期間:2012年3月17日(土)~3月23日(金)
   種類:東京地区…小倉餡・白餡・黒糖餡
            京都地区…小倉餡・きな粉・黒糖餡
   価格:263円(税込)
   販売店:[東京地区]
                    赤坂本店・東京ミッドタウン店・銀座店・日本橋店
                    帝国ホテル店・横浜ランドマークプラザ店・御殿場店
                    新宿伊勢丹・二子玉川髙島屋S・C・アトレ目黒1・横浜そごう
                 ※以下の4店舗では、小倉餡・黒糖餡の2種類を販売します。
                    日本橋三越・日本橋髙島屋・池袋西武・渋谷東急東横
                 [京都地区]
                    京都一条店・京都四条店・京都髙島屋・大丸京都店
                    JR京都伊勢丹
                 ※京都地区で販売のきな粉には「大豆」を含みます。
---------------------------------------------------------------------------------------


ご意見おまちしています。
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Thursday, March 15, 2012

ふろしき『春霞』

皆さまは、とらやの「ふろしき」をご存知でしょうか。
とらやでは、以前ご紹介した「豆皿」や『和菓子かるた』と同様に、大正七年の
「御菓子見本帳」に描かれた菓子絵図をもとに制作した「ふろしき」を販売しています
今日は、これからの季節にお使いいただきたい、ふろしき『春霞』をご紹介します。


ふろしき『春霞』は、大正時代に描かれた菓子絵図帳の蒸羊羹『春霞』の絵図を写した
ものです。
蒸羊羹『春霞』は現在おつくりしていませんが、天保4年(1833)の光格上皇の修学院行幸
の際に御銘を頂だいした由緒ある菓子です。

とらやの商品を幅広くお包みいただける、二幅ともいわれる約70㎝四方のふろしきです。 



日常使い用に、ふろしき『春霞』で〝ふろしきバッグ〟をつくってみました。

       


持ち手は輪になっています。

持ち手の下の結び目を緩めて
中のものを取りだすことができます。


ふろしき『春霞』
   価格:2,625円(税込)
   販売店:赤坂本店・東京ミッドタウン店・銀座店・日本橋店・帝国ホテル店
                 横浜ランドマークプラザ店・御殿場店・京都一条店・京都四条店
  
二幅サイズの『春霞』とともに、約50㎝四方の小さなサイズのふろしきもおつくりしています。
羊羹1本の他にも、お弁当箱、500mlペットボトルなどをお包みいただけます。


ふろしき『千代の契』  
   価格:1,575円(税込)
   販売店:赤坂本店・東京ミッドタウン店・銀座店・日本橋店
                 帝国ホテル店・横浜ランドマークプラザ店
                 御殿場店・京都一条店・京都四条店

ふろしき『和菓子あつめ』
   価格:1,575円(税込)
   販売店:東京ミッドタウン店
   ※完売しました。






  
ペットボトルを包んでみました。
輪の部分を掴んで持ち歩いたり、輪をずらせば
ふろしきを解かずに飲むことができます。


とらやでは、ふろしきの他にも和菓子をモチーフとした関連商品ご用意しています。
直営店へご来店の際には、ぜひ関連商品をお手にとってご覧ください。




ご意見おまちしています。
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Friday, March 09, 2012

『桜餅』と『桜の里』

3月に入り、ようやく寒さが和らぎ、春の足音が聞こえてきました。
今日は、春の訪れを感じさせる桜の和菓子をご紹介します。

桜の和菓子として、まっ先に思い浮かぶのは桜餅ではないでしょうか。














桜餅には、関東で主流の小麦粉製の生地と、関西で主流の
道明寺製があります。
とらやの『桜餅』は、小麦粉を水溶きし薄くのばして焼いた生地で御膳餡を包み、
塩漬けした桜葉で巻いた関東風でおつくりしています。

向島長命寺の桜餅に代表される、関東風桜餅の詳しい由来は、
とらやホームページ(歴史上の人物と和菓子)をご覧ください。




そしてもう1つ、桜餅から想を得た和菓子があります。




















それは、道明寺製の桜餅にも似た食感を持つ『桜の里』です。
『桜の里』は、道明寺粉をたっぷり使った薄紅色(桜色)の道明寺羹と、塩漬けに
した桜の葉を細かくきざみ入れた煉羊羹でおつくりしています。
薄紅色(桜色)と緑の色合いで桜の木々に花が爛漫と咲き誇る山里の情景を
表現した意匠や、桜の葉のほのかな香りや道明寺製桜餅のような食感から、
春の訪れをお楽しみください。



関東風と関西風のどちらが好きか?
葉は食べるのか食べないのか?
このような〝桜餅談義〟は尽きませんが、皆さまもぜひ『桜の里』や『桜餅』をお試しください。




-----------------------------------------------------------------------------------------
『桜餅』
   価格:1個389円(税込)
   販売期間:東京地域  2月25日(土)~4月15日(日)
         御殿場地域 2月25日(土)~4月20日(金)
          京都地域  2月25日(土)~3月31日(土)
   販売店:詳しくはこちら
                  ※「小麦」を含む
『桜の里』
   価格:1本1,953円(税込)
   販売期間:3月3日~4月上旬
                 ※販売期間は前後する場合があります。
   賞味期限:製造から60日
   販売店:全店・オンラインショップ
-----------------------------------------------------------------------------------------




E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Tuesday, March 06, 2012

京都催事のお知らせ

ブログをご覧の皆さまは既にご存知のことと思いますが、とらやは室町時代後期に京都で
創業し、明治2年(1869)の東京遷都とともに、京都店はそのままに東京店を開設いたしました。
(詳しくはホームページをご覧ください)

今日ご紹介する、百貨店での催事「京都老舗の会(そごう横浜店)」と「京洛老舗の会(東武百貨店
池袋店)」に参加することも、以前ご紹介した「洛趣会(らくしゅかい)」に京菓子を代表して入会
させていただいているのも、発祥の地が京都であるからなのです。

創業の地である京都一条店や京都地区の店舗では、多くの限定商品を販売しています。
今では赤坂本店などでも販売している『虎屋饅頭』も、昭和8年(1933)以前は京都だけで
販売していたのです。

では早速、「京都老舗の会」「京洛老舗の会」で販売予定の、京都限定商品をご紹介します。


『花醍醐(はなだいご)』
「醍醐」は、京都市伏見区の地名で、豊臣秀吉がこの地の醍醐寺で盛大な「醍醐の花見」を
行ったことから、桜の名所として知られています。
『花醍醐』は、紅のそぼろで京都産の黒豆を使用した羊羹をはさみ、華やいだ春の雰囲気
を表わした湿粉製の菓子です。
    1本:1,953円(税込)   NET270g   賞味期限:製造から17日   大豆を含む


『京の香(きょうのかおり)』
洛西の筍、上加茂から洛北の京茄子、丹波のきのこ
(松茸)と栗、そして京都近郊の名物とされる瓢箪を
象った和三盆糖入の干菓子です。
それぞれに、梅肉(茄子)・薄荷(きのこ)・生姜(栗)・
肉桂(筍)・抹茶(瓢箪)の香りがついています。
    1箱:1,365円(税込)   NET110g   賞味期限:製造から28日
『京の山(きょうのやま)』
京都の街を囲む山々の美しい情景を、春の桜・秋の
紅葉で表現した和三盆糖製の干菓子です。
伝統ある純日本糖である和三盆糖の風味そのまま
におつくりしています。
    1箱:945円(税込)   NET40g   賞味期限:製造から6ヶ月
『雲居のみち(くもいのみち)』
平成7年(1994)の平安遷都1200年に
因み誕生した、桃山製の焼菓子です。
雲の居る所の如く遥か遠くという意味
から、御所を表わす言葉「雲居」を
菓銘にもつ、御所車の意匠で「御所
へのみち」を表現いたしました。
    1個:210円(税込)   NET40g   
    賞味期限:製造から21日   卵を含む

『九重の華(ここのえのはな)』
つくね芋に上新粉・上白糖・白羊羹餡を混ぜ、枠に流し
入れて蒸しておつくりした、薯蕷製の棹菓子です。
京都産のつくね芋・新粉・大納言を使いおつくりしています。
    1本:1,953円(税込)   NET200g   賞味期限:製造から10日   山芋を含む
『黒豆黄粉』『白味噌』
京都産の黒大豆と大鶴大豆からつくられた黄粉の香ばしさ、
西京白味噌のまろやかな風味をお楽しみいただける、
京都限定の小形羊羹です。
    1本:210円(税込)   NET50g   賞味期限:製造から1年   大豆を含む





それぞれの催事では、今日ご紹介した京都限定商品のほかにも、『虎屋饅頭』や『桜餅』など
通常は限定店舗でのみ販売している商品もご用意いたします。
この機会に、ぜひお買い求めください。


------------------------------------------------------------
京みやび 第27回記念 京都老舗の会
   2012年3月7日(水)~3月13日(火)
   そごう横浜店 8階大催事場
   ※詳しくはこちら

第39回京洛老舗の会
   2011年3月15日(木)~3月20日(火)
   東武百貨店池袋店 8階催事場
   ※詳しくはこちら
------------------------------------------------------------


ご意見おまちしています。
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Thursday, March 01, 2012

特別展「虎屋のお雛様」がはじまりました

2月25日(土)より、根津美術館にて特別展「虎屋のお雛様」がはじまりました。
今日はブログをご覧の皆さまに、特別に会場の様子をご紹介します。



これは、2月24日(金)に行なわれた特別内覧会での
展示室入口の様子です。
この日は、2時間ほどの限られた時間に800名近い
お客様にご来場いただきましたので、展示室の入口に
列ができていますが、2月25日(土)の公開日以降は
お並びいただくことなくご覧いただけます。






下の画像は、展示室に入りすぐの「お雛様の宴」と題されたコーナーです。
展示は、『あこや』が盛られた「松竹文三方」(高さ7.6cm)からはじまります。













この後、「雛人形」「雛道具」の順にコーナーとなり、一つ一つの人形や道具が
大切に展示されています。
各コーナーの展示品目は、「お雛様の宴」12件、「雛人形」25件、「雛道具」253件
にのぼります。


「雛道具」の中の「遊戯具」をご覧ください。














将棋の駒や碁石も精巧に作られており、盤にはこの2月に行なわれた名人戦
の対局を再現しています。
「将棋盤」には第70期将棋名人戦 A級順位戦 羽生二冠と谷川九段の対局を、
「碁盤」には第37期囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦 結城9段と高尾9段の
対局の場面通りに駒(石)を配置しました。
小さな盤(碁盤の長辺:6.6cm)に、小さな駒や石を並べることは、きっと
気が遠くなる作業だったのではないでしょうか。


特別展「虎屋のお雛様」では、虎屋14代店主
黒川光景が明治30年(1879)に生まれた娘の
ために収集したと言われる、約300件の雛人形
や雛道具を展示しています。
京都の名店 丸平大木人形店の雛人形、
江戸池之端の七澤屋製をはじめとするの極小の
雛道具を、この機会にぜひご覧ください。


----------------------------------------------------------------------------------
特別展「虎屋のお雛様」
    場所:根津美術館
    会期:2012年2月25日(土)~4月8日(日) *月曜休館
    ※詳しくは根津美術館ホームページでご確認ください
----------------------------------------------------------------------------------

ご意見おまちしています。
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.