Friday, February 24, 2012

イベント報告|祝いの樹花 松竹梅と桃展 ワークショップ

今日は、とらや 東京ミッドタウンにて3月13日まで開催中の企画展
「祝いの樹花 松竹梅と桃展」にあわせた「折形ワークショプ」の様子を
ご紹介いたします。

2月20日・2月21日の2日間、‘桃の節供にちなんだ折形づくり’をテーマ
とした、約1時間半の「折形ワークショップ」を開催いたしました。
講師は、今回の企画展パートナーである、折形デザイン研究所の
山口信博氏・山口美登利氏です。

・・・「折形」とは、日本に古くから伝わる礼法の一つで、飾り物・贈り物を
するときに和紙を折り包む作法です。
折形デザイン研究所は、季節や行事に合わせた折形の美と精神を現代
に伝えることを目的に、幅広く活動されています。
詳しくは折形デザイン研究所ホームページをご覧ください。




先ずは店舗に併設されたギャラリーにて、山口信博氏にご監修いただいた
後半展示についてのギャラリートークからスタートです。
画像中央に写るの山口信博氏(後姿でもうしわけありません)から、桃にこめられ
た吉祥の意味、中国や日本の伝説の中に登場する桃、さらには桃の節供
にちなんだ菱餅の由来や雛祭りに用いられる折形のお話などを伺いました。




続いて、虎屋菓寮の客席に会場を移し、いよいよ折形教室がはじまります。
教えていただく折形は「雛の黄粉包み」です。
上の画像でご講義くださっているのが山口美登利氏です。




一枚の紙を巧みに折りあげ、黄粉が入る部分と桃の花を挿す部分を作ります。
「こんなに複雑な形が、一枚の紙から折られているなんて!」と、ご参加の皆さま
から驚きのお声があがっていました。
折形の作法も教えていただきながら、皆さま背筋を伸ばして真剣な眼差しで
取り組まれています。




出来上がった折形に、桃の生花を挿して完成です。
桃の節供の室礼(行事にちなんだ室内の装飾)として壁に飾ったり、贈り物に
熨斗のように添えたりと、現代の暮らしにあわせた折形の魅力も、幅広くご紹介
いただきました。

折形ワークショップの最後には、お茶とともに桃の花をかたどった生菓子
『三千歳』をお召しあがりいただき、桃尽くしのワークショップはお開きとなりました。



とらや東京ミッドタウン店では和をテーマに、伝統の魅力を現代の感性で表現した
企画展示やワークショップを開催しています。

3月13日(火)までは、第23回企画展「祝いの樹花 ―松竹梅と桃―」を開催中です。
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。


-----------------------------------------------------------------------------
祝いの樹花 松竹梅と桃展
2011年12月15日(木)~2012年3月13日(火)
とらや東京ミッドタウン店(店舗併設ギャラリー)
前期:2011年12月15日(木)~1月31日(火)
後期:2012年  2月  1日(水)~3月13日(火)
           後期は折形デザイン研究所さまにご協力いただき、長寿と邪気払いの
           象徴「桃」を、菓子と折形でご紹介いたします。
-----------------------------------------------------------------------------


とらや東京ミッドタウン店
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Wednesday, February 22, 2012

『雛井籠』と『脹雀』

今日は、雛まつりにちなんだ菓子のなかから、今年より種類が新しくなる『雛井籠(ひなせいろう)』
をご紹介します。

『雛井籠』
上:薯蕷製『笑顔饅』
左:三種詰合せ
     左から
     道明寺製『雛てまり』
     煉切製『仙寿』
     求肥製『桃の里』
下:和三盆糖製『脹雀(ふくら
      すずめ)』





そもそも「井籠(せいろう)」とは、菓子をお届けする折に使用するお通箱(かよいばこ)のことです。
「外居(ほかい)」「行器(ぎょうき)」などの呼び方もあります。
とらやには安永5年(1776)につくられた
「雛井籠」が残されています。
これは、御所などに雛菓子をお届けする
のに使われたと考えられる蒔絵の重箱です。
サイズは五段重ねでおよそ11×13×18㎝。
これに雛菓子を詰めました。
現在はこの「雛井籠」を模した化粧箱
(井籠箱)を用い、雛まつりの季節に合わせ
て販売しております。
小さな菓子を詰めた井籠を、お好きな段数
を重ねていただけます。



余談ですが…
雛井籠の側面に描かれた虎に見覚えはありませんか?


そうです!
とらやの手提げ袋や化粧箱に使われている虎です。
昭和45年(1970)に手提げ袋、昭和48年(1973)から
化粧箱のデザインに取り入れられました。
とらやでは、「躍動する虎」と呼んでいます。
「とらやのしるし」ともいえるこの虎は、雛井籠がもとに
なっているのです。







話を『雛井籠』に戻しましょう。
今年あらたに『雛井籠』の菓子の色目に『脹雀』が加わりました。
画像では大きく見えますが実際は直径2㎝くらい。
ふわっとした口どけの和三盆糖製干菓子です。



  「脹雀」とは、丸々とした雀の子や、寒さのために全身の羽毛を
ふくらませた雀のことをいいます。
「福良雀」の字があてられ、文様や家紋などにもなっている縁起物でもあります。
とらやに残る天保7年(1836)の『大内帳』に、「三月二日 脹すヾめ 紅白拾五」
とあり、この当時、雛菓子として御所にお納めしていたことがわかります。


そしてもう1つ、皆さまにご覧いただきたいのが、大正時代に描かれた『脹雀』の菓子絵図です。

赤坂本店の一角、「虎屋 WAGASHI・HAUTE COUTURE」コーナーに古めかしい木箱があります。
(写真、棚の上段の木箱です。)




そのなかに収められている大正7年(1918)の「御菓子見本帖」に、
『脹雀』の菓子絵図が描かれています。
『雛井籠』の色目としては今年からの販売ですが、大正の頃から
から作られていたようです。






ちなみに…
『脹雀』は上下2段に9個ずつお詰めしています。
下の段も忘れずにお召しあがりください。






-----------------------------------------------------------
雛井籠 脹雀 (ひなせいろう ふくらすずめ)

【販売期間】 2012年2月25日(土)~3月3日(土)
【販売価格】 1段:1,418円
                    2段:2,678円
                    3段:3,938円
                    4段:5,198円
                    5段:6,458円
【販売店】  とらやホームページをご覧ください。
------------------------------------------------------------

ご意見おまちしています。
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Tuesday, February 21, 2012

イベント報告|虎屋京都清談「香道と王朝の和歌」


今日は、虎屋菓寮 京都一条店の棟続きにある虎屋 京都ギャラリーにて
2012年2月11日に行なわれた、第3回虎屋京都清談についてご紹介します。















虎屋京都清談は、京都で活躍されている文化人をお招きし、ご参加の皆さまと
数回にわたり対話をお楽しみいただく催しです。
2月11日に行なわれた第3回虎屋京都清談では、「香道と王朝の和歌」をテーマに、
京都御所の西に本店を構える、薫香業の老舗 山田松香木店の社長 山田英夫氏を
お迎えしました。
冒頭の画像の、ご所蔵の伽羅(きゃら)・沈香(ちんこう)・白檀(びゃくだん)などの
稀少な香木の実物や、江戸時代の香道のお道具、伝書などを間近に鑑賞しながら、
日本独自の香り文化についてお話をうかがいました。
沈香は沈丁花科の樹木内に偶然樹脂が形成され、長い年月をかけて熟成された
もので、伽羅はその中でも最上のものです。
東南アジアで産し、古来その価値は金に等しいとされてきました。
聞香のデモンストレーションと体験では、和歌にちなんだ銘がつけられた5種類の
異なる香木を焚いていただきました。

秋には、再び山田氏がご登壇くださり、今回ご参加者の皆さまに再びお集まりいただき、
引続き対話をお楽しみいただきます。
またこの時には、「香道と王朝の和歌」から想を得た新作の菓子も完成する予定です。















虎屋 京都ギャラリーでは、展示や講演会を年に数回開催しています。
講演会は、京都一条店店頭にてご案内しております。
詳しくは、株式会社 虎屋 京都管理部 文化事業課(kyotobunka@toraya-group.co.jp)
までお問合せください。



ご意見おまちしています。
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Thursday, February 16, 2012

京あるきin東京2012 ~恋する京都ウイークス~

茶話会「京都・和菓子の歳時記」2012年2月24日(金)9:30の回にキャンセルがありました。
残り1席、追加募集をさせていただきます。


日本文化好き、京都好きには興味津々のイベント「京あるき in 東京2012」が
2月16日(木)~29日(水)に開催されます。
期間中、都内各所にて京都をアピールするイベントが催されます。
詳細は京あるき公式ホームページをご覧ください。

さて、この「京あるき in  東京2012」にちなみ、とらやの一部店舗でも
京都限定商品を販売いたします。
「小形羊羹はんかち風呂敷包み」です。
















とらや製の小形羊羹『白味噌』と『黒豆黄粉』を宮井製のはんかち風呂敷
で包みました。
この小形羊羹は京都限定の味です。
イベントにあわせ、東京の店舗でも販売します。
   『白味噌』
      お味噌は地域によって様々ですが、やはり京都といえば「白味噌」。
      西京白味噌の上品な風味とまろやかな味わいです。
   『黒豆黄粉』
      京都産の黒大豆と、近畿地方で一般的に栽培されている大鶴大豆を
      まるごと煎りあげた黄粉の香ばしい風味をお楽しみいただけます。

そして、はんかち風呂敷は、風呂敷・袱紗の老舗宮井製です。
鯉唐草柄で赤・青・緑の三色。
「唐草」は繁栄を意味し、「鯉」は宮井様の京都にある本社の
ご住所、鯉山町が擁する祇園祭の山「鯉山」にちなんでいます。
宮井様でも京あるきにちなんだイベントを開催されています。

------------------------------------------------------------------------------
販売店:とらや
                赤坂本店・東京ミッドタウン店・銀座店・日本橋店・帝国ホテル店・
                  東京大丸売店・日本橋三越売店・日本橋髙島屋売店
               宮井
                 風呂敷専門店:東京 唐草屋
販売期間:2012年2月16日(木)~29日(水)
                   ※売切次第、終了となります。ご了承くださいませ。
販売商品:小形羊羹はんかち風呂敷包み
販売価格:840円(税込)
                   ※小形羊羹『白味噌』『黒豆黄粉』は「大豆」を含みます。
                   ※とらや店舗では、小形羊羹のみでもお買い求めいただけます。
------------------------------------------------------------------------------





また、京あるきイベントにちなみ、茶話会「京都・和菓子の歳時記」を開催いたします。
京都ならではの和菓子の歳時記について、
歴史上の人物や御所御用のエピソードも交えつつお話します。
お茶とお菓子とお話と…心ばかりのお土産もご用意いたしますので
ぜひともご参加ください。

---------------------------------------------------------------------------
開催日時:2012年2月24日(金)
                    ①   9:30開始 ( 9:15受付開始)  キャンセルが出ました。残り1席です。
                    ② 17:30開始 (17:15受付開始)  満席のため締め切らせていただきました
会場:虎屋菓寮 赤坂本店(とらや 赤坂本店 地下1階)
募集人数:各回15名
                    ※先着順、定員に達し次第に締め切らせていただきます。
受付時間:11:00~17:30
参加費:2,100円(お一人様・税込)
                    ※お菓子とお茶付
                    ※当日、受付時にお支払いいただきます。
お申し込み・お問い合わせ:虎屋菓寮 赤坂本店
                  ※店頭またはお電話(03-3408-1577)にて承ります。
                    ※1組につき、2名様までお申し込み可能です。
---------------------------------------------------------------------------


ご意見おまちしています。
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Wednesday, February 15, 2012

虎屋菓寮 赤坂本店 『桃の香白玉椀』

 今日は、虎屋菓寮 赤坂本店から、『桃の香白玉椀』をご紹介します。




『桃の香白玉椀』は、11年ぶりにおつくりする限定メニューです。
このメニューは、2001年に60年ぶりに虎屋所蔵の雛人形と雛道具を
公開したことにあわせて、虎屋菓寮で考案されました。
そして今年、2月25日(土)から根津美術館で開催される特別展「虎屋のお雛様」
にあわせ、11年ぶりにおつくりすることといたしました。

餡入りの3色の白玉に、桃の香りをつけた花型の琥珀をあしらい、温かい
葛をかけたメニューです。
お椀の蓋を開けると、ふわっと桃の香りが楽しめます。

2月13日(月)から、3月15日(木)までの限定販売です。
この機会にぜひ、桃が香る温かいデザートをお試しください。




下の画像は、昨晩の虎屋菓寮 赤坂本店の様子です。










虎屋菓寮 赤坂本店銀座店では、2月15日(水)
から4月8日(日)まで、特別展「虎屋のお雛様」に
あわせて、お雛様や雛道具の写真を展示しています。
壁一面に飾られたお雛様や雛道具の写真と、
草月さまの「土佐水木(とさみずき)」や
「オクラレルカ」が活けられた作品で、客席に
春らしい華やぎが生まれました。
左の画像は、雛道具のひとつの「水屋道具」です。
一つ一つの器や籠は指にのる程度の、極小サイズで、
水屋全体の高さは30.2cmです。




今回ご紹介するお雛様や雛道具は、虎屋14代店主 黒川光景が明治30年(1879)に
生まれた娘のために、収集したと言われています。
虎屋菓寮 赤坂本店・銀座店では、写真パネル20点限りのご紹介ですが、根津美術館で
開催される特別展「虎屋のお雛様」では、丸平大木人形店(京都)の雛人形や、七澤屋製
(江戸池之端)の精巧な雛道具約300点を展示いたします。
お近くへお越しの際には、ぜひ根津美術館へお立ち寄りください。

------------------------------------------------------
『桃の香白玉椀』
   販売店:虎屋菓寮 赤坂本店
   期間:2月13日(月)~3月15日(火)
   価格:1,155円(税込)
------------------------------------------------------


 
ご意見おまちしています。
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Tuesday, February 14, 2012

『ひいな』と『雛台』

今日は、3月3日の雛の節句にあわせた羊羹、『ひいな』と『雛台』をご紹介します。


『ひいな』
















雛まつりの装いをまとった小形羊羹で、今年はデザインを一新いたしました。
小倉羊羹『夜の梅』には「雛内裏」、蜂蜜入羊羹『はちみつ』には「桜橘」、
黒砂糖入羊羹『おもかげ』には三人官女がデザインされています。

    価格:各1本210円(税込み)
    重量:各1本50g(NET)
    外寸:7.9×2.8×2.0cm



『雛台(ひなだい)』
















雛人形とともに、雛段に飾っていただけるように、小形羊羹を竹皮で包み
台盛りにしました。
小形羊羹『夜の梅』3本、『おもかげ』2本に5色の色紐を掛け、のしをつけました。

    価格:2,625円(税込み)
    重量:381g(総重量)
    箱外寸:15.1×9.5×10.0cm 
    台寸法:12.3×9.0×9.0cm 


『ひいな』と『雛台』、どちらも3月3日(土)までの限定でおつくりしています。
雛まつりのご贈答や、この季節ならではの菓子として、ぜひお買い求めください。
*雛まつりの菓子についての詳しい情報は、とらやホームページでご確認ください。


_____________________________________________________________________

~ 根津美術館 特別展「虎屋のお雛様」のご案内 ~

2月25日(土)より4月8日(日)まで、根津美術館(東京・青山)にて、特別展「虎屋のお雛様」が開催されます。
虎屋14代店主・黒川光景が、明治30年(1897)に生まれた娘のために調えた、雛人形と極小雛道具約300点が
展示されますので、お近くへお越しの際にはぜひお立ち寄りください。
詳しくは、根津美術館ホームページ(http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html)をご確認ください。



ご意見おまちしています。
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/


Thursday, February 09, 2012

とらやの『赤飯』


















とらやの『赤飯』は、色が濃く、小豆の風味ともち米のしっかりとした食感が
特徴と言われています。

とらやでは、羊羹や最中などの和菓子のために、大量の餡をつくっています。
『赤飯』は、餡づくりの時にできる、想像できないくらい大量の小豆の煮汁を、
時間を掛けて煮詰めて色づけしています。
この、煮詰められた煮汁の渋によって、濃い色と小豆の深い風味となります。
また、小豆の豆粒が割れてしまうと、美味しさが失われてしまいますので、
煮上げる時も、そしてもち米とともに蒸し上げる時も気をつけています。

しっかりとした食感に仕上げるために気をつけていることは、蒸し上げる蒸気
と水加減です。
とらやでは、もち米を渋(煮汁)に漬けた後の水切りをしっかりすることや、必要
以上の打ち水をしないようにしています。
また、加圧した蒸気を使うことも、歯ごたえある『赤飯』になる秘訣のひとつです。

そして、皆さまにお伝えしたいのが、ひと手間かけた「ごま塩」です。

とらやでは、ごまと塩を混ぜるのではなく
ごま自体に塩味をつけて、偏りがなく
おいしく赤飯をお召し上がりいただける
ようにしています。
写真のようにごまを煎ることに変わりは
ありませんが、この後、煎りあがったごま
を塩水に入れ、何工程かをかけて塩を
まとわせていきます。
そして最後に、余分な塩を篩(ふるい)
で落とします。

できあがった「ごま塩」です。
奥の初めの状態のごまと比べ
ると、うっすらと塩をまとった
様子がお分かりいただけるの
ではないでしょうか。




通常『赤飯』は、各店でご予約いただくほか、虎屋菓寮でお召し上がりいただいて
おりましたが、この度赤坂本店では、夏場を除く毎月15日に店頭販売することと
いたしました。
ブログをご覧の皆さまもぜひ、とらやの『赤飯』をお試しください。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
『赤飯』
   販売期間:10~5月
   虎屋菓寮:赤坂本店・銀座店・東京ミッドタウン店・帝国ホテル店・新宿伊勢丹・京都一条店
   ご予約:一部の店舗を除き、全店にてご予約いただけます(詳しくはこちら
*赤坂本店では、夏場(6~9月)を除く毎月15日に、限定で店頭販売しております。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




ご意見おまちしています。
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Sunday, February 05, 2012

虎屋菓寮 京都一条店|庭の白梅
















虎屋菓寮 京都一条店の庭の真中に、北野天満宮さまから頂戴した1本の白梅があります。

寒波に覆われ京都も寒い日が続いていますが、膨らみだした白梅のつぼみは、
ひと足早い春の訪れを感じさせてくれます。



 

北野天満宮さまの梅園から賜った
「福」がいっぱいの梅は、庭の中央
鳥居の前にあります。




梅が綻びるまでは、もう少し掛かり
そうです。











そこでここからは、梅の花をモチーフとした菓子をご紹介します。
先ずは、2月前半(2/1~15)の店頭にて販売している生菓子から。 
『寒紅梅(かんこうばい)』                                             『一重梅(ひとえうめ)』 
    羊羹製白小倉餡入 *小麦を含む                                 湿粉製*小麦を含む
    初出年:『御好寒紅梅』として明和7年(1770)              初出年:煉製として大正元年(1912)
    価格:420円(本体価格400円)                                   価格:420円(本体価格400円)



『御代の春(みよのはる)』
御膳餡入の白い皮の最中は、梅の形をしています。
紅色は、桜をかたどった白餡入の最中です。
販売期間:通年
価格:157円(本体価格150円)
『雪紅梅(ゆきこうばい)』
冬のかさねの色「雪の下紅梅」にちなみ、紅梅にうっすらと
雪がかかった美しい情景を表わした湿粉製棹物です。
餡をそぼろ状にして小倉羹をはさんで蒸しあげた半生菓子です。
販売期間:12月下旬~2月下旬
価格:1,680円(本体価格1,600円)
『夜の梅(よるのうめ)』
切り口の小豆の粒が、夜の闇にほの白く咲く梅の花を
表現した羊羹です。
詳しくは、『夜の梅』のブログをご覧ください。
販売期間:通年
価格:サイズ別の詳しい価格はこちらをご覧ください。



今日は、梅の花をかたどった菓子をご紹介いたしました。
初夏には梅の実を使った羊羹もおつくりしています。
こちらは、また別の機会にご紹介いたしますので、お楽しみにお待ちください。



E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.