Saturday, December 29, 2012

赤坂本店の干支凧

今年も、赤坂本店(虎屋ビル)に凧が取り付けられ、
お正月を迎える準備が整いました。
ビルの壁面を飾る大きな凧は、年末年始の恒例となっています。



凧は、「干支凧」「六角凧」「奴凧」の3種類。
江戸凧の絵師さんが描いた原画を、布とアルミフレームで組まれた
大きな凧に仕立てています。

そのサイズは、干支凧 5.3×3.4m ・六角凧 5.5×4.4m ・奴凧 3.3×3.6m と
とても大きなものですが、印刷ではなくすべて手描きで制作されています。
力強さや勢いが感じられるのは、手描きであってこそではないでしょうか。

干支凧の原画をご覧ください。
















白蛇が巻きついている玉ねぎのようなかたちのものは、
「宝珠(ほうじゅ、ほうしゅ)」という宝の珠です。
蛇は古くから、財産や知恵をもたらす神様とされ
宝とともに描かれることが多く、今回の干支凧には
他にも打出の小槌や巻物・珊瑚・小判が描かれています。
小判の数は末広がりの八枚と、ご利益がありそうな
とてもおめでたい絵柄です。

凧の装飾は2013年1月15日(火)までです。
夕方からはライトアップしていますので、お近くへお越しの際は
ぜひご覧ください。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
実施期間:2012年12月28日(金)~2013年1月15日(火)
ライトアップ:16時30分~23時(元旦のみ5時まで)
赤坂本店:東京都港区赤坂4-9-22(地図
                電話:03-3408-4121(代)
                営業時間:8:30~19:00 [平日]  8:30~18:00 [土曜・日曜・祝日] 

                               *虎屋菓寮 11:00~18:30 [平日] 11:00~17:30 [土曜・日曜・祝日]
                                閉店30分前にオーダーストップとなります。
                年末年始の営業時間はこちら
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jphttp://www.toraya-group.co.jp/

Thursday, December 27, 2012

赤坂本店 元日早朝営業のご案内

赤坂本店の正面には、毎年多くの初詣参拝者が訪れる豊川稲荷東京別院があります。
商売繁盛・出世祈願・学業成就・開運招福・子授け・安産祈願など多くのご利益がある
といわれる他、芸能の神として多くの芸能関係者が参拝することでも知られています。

とらやでは昭和61年(1986)の寅年から、年明けとともに参拝される皆さまに向けて、
赤坂本店の元日早朝営業を始めました。






元日早朝の赤坂本店の様子(画像上)をご覧ください。
入口前のテントでは、井籠で蒸かしたての『虎屋饅頭』と
『干支饅頭』(画像左)を販売しています。


虎屋菓寮では、午前零時の開店とともにご来店くださり、
1番の通し番号が刻印されたチケット#を記念にお持ち帰り
になるお客様もいらっしゃいます。
#チケット:元日早朝営業専用の食券。富岡鉄斎が菓子掛紙のために
   描いた虎の絵が付く。






店舗1階での和菓子販売とともに、地下1階の虎屋菓寮も営業しております。
甘い湯気があがり多くのお客様で賑わう赤坂本店、温かい『お汁粉』や干支羊羹『巳』などを
店内でお召し上がり頂くことができる虎屋菓寮に、ぜひご来店ください。

-------------------------------------------------------------------------
赤坂本店 元日早朝営業
   営業時間:0:00~4:00
    ※虎屋菓寮は3:30にオーダーストップとなります。
    ※直営店各店の年末年始営業時間は こちら をご覧ください。
---------------------------------------------------------------------------------------

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Wednesday, December 26, 2012

新年のご挨拶に

暮れもいよいよ押し詰まり、余すところ6日となりました。
今日のブログは、来年の干支「巳」をデザインした「掛紙」と「ワンタッチカートン」をご紹介します。































紅白の最中『御代の春(みよのはる)』に掛けられた「掛紙」は、先日ご紹介した
〝新年限定パッケージの小形羊羹〟と一連のデザインです。
薄紅色を背に、家に福禄をもたらすとも言われる「白蛇」を配したデザインは、
ご贈答品としてきっとお喜びいただけると思います。



「ワンタッチカートン」は、ご近所さまや身近な皆さまへちょっとしたお年賀の品を
お贈りいただけるようにお作りした紙箱です。














『御代の春』3個がピッタリと収まるほか、『虎屋最中』2個、『小形羊羹』4本などを
入れることができます。

画像の『御代の春』のほかにも、干支羊羹『巳』や新年限定パッケージの小形羊羹など
新年のご挨拶に相応しい商品をご用意しています。
「干支の掛紙」と組み合せて、新年を寿ぐ贈り物としてご用命ください。


------------------------------------------------------------------
「干支掛紙」
    全店にてご用意しております。
    ご注文の際には、「干支の掛紙で」とご用命ください。
「ワンタッチカートン」
    御代の春3個入:525円(税込)
    虎屋最中2個入:473円(税込)
    小形羊羹4本入:893円(税込)   など
------------------------------------------------------------------

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Monday, December 24, 2012

御題生菓子『大地に立つ』

今日のブログは、平成25年(2013)の宮中の歌会始のお題「立」と干支「巳」にちなんだ
3種の御題・干支生菓子中から、『大地に立つ』をご紹介します。



まずは、考案者が描いた図案をご覧ください。
図案には、「カカシが立っているような、なつかしい
田園風景を思い立たせるような素朴な菓子」との
想いが書き添えられていました。







そして、図案に忠実につくられたのが、この『大地に立つ』(下の画像)です。
とらやでは珍しい、餅製(上新粉・餅粉・上白糖を水で混ぜて蒸し搗き混ぜる)黒糖餡入の生菓子です。
「素朴な菓子」という考案者のイメージにあわせて、黒糖餡を組みあわせました。
黒砂糖入羊羹『おもかげ』と同様に、黒砂糖の風味から郷愁を感じられるのではないでしょうか。

コクのある黒砂糖の豊かな風味が、口いっぱいに広がるお菓子です。
濃いめに淹れたお茶と一緒に、心和むひと時をお楽しみください。




『大地に立つ』とともに、新たにおつくりした御題・干支生菓子をご紹介します。


『春の出で立ち(はるのいでたち)』


羊羹製  小倉餡入 *小麦・山芋を含む

新春を祝う福寿草を表わした御題生菓子です。
雪の下から顔を出す鮮やかな黄色の花が、
新しい季節の訪れを喜んでいるようです。
真っ白な雪は、つくね芋(大和芋や薯蕷芋と
呼ばれる)で仕上げています。
薯蕷饅頭にもつかわれる、つくね芋の風味を
お楽しみください。




『巳の守り(みのまもり)』 

薯蕷製  紅餡入*山芋を含む
山口県岩国市の限られた地域にだけ生息する
「岩国のシロヘビ」は、商売繁盛、開運の守神様
として信仰を集め、国の天然記念物にも指定されて
います。
『巳の守り』は、目の赤い神秘的な白蛇が、日輪を
抱いているさまを表わしています。
紅餡を薯蕷生地で包んだ、棹饅頭ともいわれる

形状の生菓子です。
赤い目は、羊羹でおつくりしています。華やかな

色合いをお楽しみいただけます。




御題・干支生菓子は、年末年始のこの時期だけの特別な生菓子です。
新年のお集まりやお手土産など、皆さまにきっとお喜びいただけると思います。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
御題・干支生菓子
   販売期間:2012年12月16日(日)~2013年1月15日(火)
   価格:420円(税込)
   販売店:赤坂本店・東京ミッドタウン店・銀座店・日本橋店・帝国ホテル店
                 新宿伊勢丹・玉川髙島屋S・C・アトレ目黒1・横浜そごう
                 京都一条店・京都四条店・京都髙島屋・大丸京都店・ジェイアール京都伊勢丹
                 ※『大地に立つ』は御殿場店でも販売しています
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Friday, December 21, 2012

とらや東京ミッドタウン店|第27回企画展 とらやの筆「古郡達郎の書」


   古郡先生の書は、そのお人柄のようにとても実直、誠実です。
   そしてそのなかに湧き上がってくる強い野生のようなものを感じます。
   和菓子は、元をただせば大地の恵み。
   先生の書の美しさとその生命感は、まさにとらやの菓子を体現していると思います。

                                     とらや クリエイティブディレクター葛西薫



『夜の梅』『おもかげ』『新緑』 ・・・   とらやの商品パッケージに記された菓銘は、
そのほとんどが筆で書かれています。
これらすべてを揮毫(筆で書画をかくこと)しているのは、ひとりの書家 古郡達郎氏です。
本展では、現在の「とらやの筆」といえる、古郡達郎氏の書の世界をご紹介します。





これまでに書かれたとらやの菓銘・篆刻(てんこく)とその製作工程や、書体や筆を変え
書かれた48種の「和」の文字など、幅広く展示いたしました。
※篆刻:木・石・金などに印をほること。その文字に多く篆書(てんしょ)を用いるからいう。(広辞苑より)
ぜひ、とらや東京ミッドタウン店にお運びいただき、古郡達郎氏の書の魅力を体感してください。

             古郡達郎(ふるごおりたつろう)
                1939年 京都市烏丸生まれ。
                書家。保多孝三に師事。1959年より書道をはじめる。全日本書道教育協会理事、毎日書道展会員、
                日本書道美術院審査員を経て、現在は朝日カルチャーセンター千葉講師に従事する。
                揮毫に「花の百名山」(NHKエンタープライズ21)の題字・山の名・花の名・ナレーション名、
                「万葉かるた」(万葉かるた振興会)の札文字など。
                日展入選4回 個展1回(大黒屋ギャラリー)


『特製干菓子 松竹梅』

 松・竹・梅をかたどった干菓子に、干菓子の意匠にあわせて
 古郡達郎氏が揮毫した菓銘配した企画展限定商品です。
 価格:1,470円(税込)








------------------------------------------------------------------------------
第27回企画展 とらやの書「古郡達郎の書」
   期間:2012年12月19日(水)~2013年3月18日(月)
   会場:とらや東京ミッドタウン店(店舗併設ギャラリー)
   東京都港区赤坂9‐7‐4
   時間:11:00~21:00
------------------------------------------------------------------------------


とらや東京ミッドタウン店
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Wednesday, December 19, 2012

『柚子ごよみ』


冬至は二十四節気のひとつで、1年で最も昼の時間が短い日です。
今年は12月21日がその日にあたります。































冬至に柚子湯に入ることは広く知られていますが、なぜ冬至の行事に柚子が欠かせない
ものとなったのでしょうか・・・
「桃栗3年、柿8年、柚子は9年でなりさがる」といわれるように、柚子は実がなるまでに
長い年月がかかります。
このことから、柚子は、長期間風雪に耐えやがて成功する象徴として尊重されてきました。
また黄色は、陰陽道で五行思想の根本をなす色であり、邪を祓い疫を防ぐものとされて
いることから、黄色の柚子をこれに重ねているともいわれています。
これらの謂れから、1年の煩悩を洗い流し寒い冬を健康に乗り切るために、冬至の行事
には柚子が欠かせないものとなったようです。


『柚子ごよみ』は、柚子の果汁と蜜漬けの皮を使い、とらや伝統の羊羹の製法を活かして
おつくりしたお菓子です。
柚子に込められた願いを想いながら、ぜひ『柚子ごよみ』をお召し上がりください。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
『柚子ごよみ』
   販売期間:11月下旬~1月下旬
   賞味期限:製造から75日
   販売店:全店・オンラインショップ
   価格:1個336円(税込)
            6個入2,226円  9個入3,339円  12個入4,452円
            ※小形羊羹との詰合せ(下左 4,158円)や干支羊羹との詰合せ(下右5,460円)もご用意しています。










--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Tuesday, December 18, 2012

虎屋 和菓子オートクチュール:披露宴のお菓子

人生の節目に食べる大切な和菓子。
特別なお祝いの菓子を、お客様とともに作り上げていくことは、
虎屋 WAGASHI・HAUTE COUTUREを担当する私たちにとって
とても嬉しく楽しい時間です。















 
今日ご紹介するのは、披露宴でお使いいただいたおめでたい和菓子です。

縦12cm × 横18cm × 高さ5.5cmの大きな台(上下:浮島製、中:煉製#)
の上に、「寿」と刷りこんだ扇や花を飾りました。
そぼろ状にした餡の上の花は、ご結婚というお祝いごとに相応しい桜と梅です。
 #煉製・・・寒天を溶かし、餡と白双糖を加え混ぜ、火を通してよく煉り上げ枠や瀬戸型に流して固めたもの。



薄紅色で花弁の先が割れているのが桜、花びらの先が丸く
徐々に色が濃くなっていくのが梅です。


「店頭で販売している生菓子」の約15倍の大きな菓子で、列席の18名の皆さまで
花の姿を損なうことなく分けられるようにお作りしました。

 
浮島は、餡・砂糖・卵・薄力粉・上新粉#を主な原材料とした、
しっとりとした食感の蒸し菓子です。

とらやでは通常おつくりすることがない浮島ですが、
虎屋 WAGASHI・HAUTE COUTUREでは様々な製法や
原材料を使用しています。
#上新粉・・・うるち米を生のまま粉にした粉を新粉と呼ぶ。
        上新粉は、上等な新粉という意味で、新粉より目が細かい粉。
        団子や柏餅などに使われている。

                       浮島の断面

浮島は、泡立てた卵白(メレンゲ)を入れることで〝ふんわり〟と蒸しあがります。
この〝ふんわり〟〝しっとり〟の食感は、メレンゲの立て具合に左右されます。
気泡が細かいとギュッと詰まり、粗いと膨らみ過ぎてしまうため、この頃合いの

見極めには職人の腕や経験が求められます。

スポンジケーキにも似た〝ふんわり〟とした食感をした餡入の素材は、

表面を飾る花や緑のそぼろとの相性も良く、美味しい仕上がりとなりました
今回は、春らしい色づかいのために、薄緑色と薄黄色の浮島で薄紅色の煉製を挟みました。
浮島は、完成後の生地に色をつけることはできないため、色の入った餡づくりからの工程を
別々に行っています。
お客様に喜んでいただける菓子をおつくりするためには、手間を惜しむことはありません。


後日お客様から、「見た目も綺麗で優しいお味でとても美味しいと、ご列席の親族の方に
好評であった」とご連絡をいただき、お二人の想いを込めた披露宴をお手伝いができたことに、
私たち担当者も喜びを感じることができました。
ご注文いただき、誠にありがとうございました。




 虎屋 WAGASHI・HAUTE COUTUREは、お客様だけの特別な和菓子をご用意しています。
(同一のものはおつくりできませんので、ご注意ください。)
※ご注文の流れについては、とらやホームページをご覧ください。

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Thursday, December 13, 2012

冬の贈り物に、「お花と羊羹」はいかがでしょうか

御歳暮、クリスマス、帰省土産…
冬は、贈り物の機会が多い季節です。
前回、前々回のブログでご紹介した『新年限定パッケージ小形羊羹』と『髙根羹』、
そして素敵な花を組みあわせたプレゼントはいかがでしょうか。

このたび、青山フラワーマーケット様とのコラボレーションによる、
「花と羊羹」を組みあわせたギフトをご用意いたしました。
*青山フラワーマーケット オンラインショップのみの販売です。



まずご紹介するのは、神々しい富士山を表現した季節の羊羹
大棹『髙根羹』と花の組みあわせです。

12月25日までの「花と羊羹」の組みあわせは、クリスマスプレゼントにも
お使いいただけそうな彩りです。
青山フラワーマーケット様によって、華やかながらも調和のとれたアレンジメントになりました。

















『髙根羹』を入れたもう一つの組みあわせは、迎春ギフト用のアレンジメントです。
縁起物の松・南天・葉牡丹・稲をあしらい、お正月らしさを演出しています。



2013年の干支「巳」をパッケージにデザインした『新年限定パッケージ小形羊羹』は、
お正月に向けたおめでたいアレンジメントです。









期間限定、数量限定の、見ても食べてもうれしい贈り物です。
ぜひ、青山フラワーマーケットオンラインショップでご注文ください。



------------------------------------------------------------------------------------------
○お花と髙根羹のアレンジメント(ウィンターギフト用)
   価格:7,875円(税込)+送料全国一律500円
   掲載期間:12月24日(月)12:00まで
   お届け期間:12月25日(火)まで
   *ご注文は こちら
○お花と髙根羹のアレンジメント(迎春ギフト用)
   価格:7,875円(税込)+送料全国一律500円
   掲載期間:12月29日(土)12:00まで
   お届け期間:12月27日(木)~30日(日)
   *ご注文は こちら
○お花と新年限定パッケージ小形羊羹のアレンジメント
 価格:5,250円(税込)+送料全国一律500円
 掲載期間:~12月29日(土)12:00
 お届け期間:12月27日(木)~30日(日)
   *ご注文は こちら

青山フラワーマーケットオンラインショップでのみお取り扱いしております。
    (とらやでは販売しておりません)
※売り切れの際はご容赦ください。
※地域によって承り日からお届け日までの日数が異なります。
    詳しく、青山フラワーマーケットお客様相談室へお願いいたします。
------------------------------------------------------------------------------------------

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Tuesday, December 11, 2012

『髙根羹』















『髙根羹(たかねかん)』は、毎年この季節におつくりしている、新年を寿ぐ羊羹です


高根は「高嶺」「高峰」とも書き、高い峰や山を指す言葉で、雪化粧をした富士山を
紅色の背景に象徴的に表わした羊羹です。

今日のブログは、この『髙根羹』の海外でのエピソードをご紹介します。
※菓子作りの面からご紹介した、昨年のブログ「『髙根羹』の職人技」も併せてご覧ください。


昭和54年(1979年)2月、毎年パリで開かれる国際的な菓子展「国際菓子博覧会(インタ-サック)」に、先代社長黒川光朝が理事長を務めていた東京和生菓子商工業協同組合は、日本として初めて和菓子を出品しました。(写真左)
この時に、とらやから出品された菓子のひとつが『髙根羹』でした。

記録によると、『虎屋饅頭』『蝉の小川』(写真左)『梢の秋』『岩ヶ根』『卯の花巻』などが、同時に展示され、予想を超え成功を収めたと言われています。

翌 昭和55年(1980)10月6日のとらやパリ店の誕生は、この「国際菓子博覧会」での成功がきっかけとなりました。

『髙根羹』の初出は明治40年(1907)。
近代に生まれた菓子ですが、『髙根羹』はとらやの重要な場面に登場しています。

『髙根羹』は、1年のうち1ヶ月だけおつくりしています。
年末年始のご挨拶や、おせち料理とともにお召し上がりいただくなど、今の季節ならではの羊羹をぜひお試しください。


------------------------------------------------------------------------------
『髙根羹』
   販売店:全店・とらやオンラインショップ
   販売期間:12月1日~12月下旬
   価格:1本(ハーフサイズ×2)7,350円

           ハーフサイズ1本3,675円
   賞味期限:製造から140日
                       ハーフサイズ1本                                           大棹 1本(ハーフ×2)
------------------------------------------------------------------------------ 

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp

Thursday, December 06, 2012

干支の 小形羊羹 と ふろしき

師走に入り、年賀状に大掃除と、新年の準備に忙しい時季もそろそろです。

2013年の干支は「巳」。
今日のブログは、干支をデザインした新年限定パッケージ小形羊羹と
ふろしきをご紹介いたします。

まずは小形羊羹から。
















明るい色の地に、かわいらしい白蛇を配しました。
小倉羊羹『夜の梅』(紅)、抹茶入羊羹『新緑』(緑)、
黒砂糖入羊羹『おもかげ』(黄)の3種類ご用意しました。
新年ならではの意匠のパッケージです。


次に、干支ふろしきをご覧ください。
2011年のうさぎ年の際に初めておつくりし、今回が3度目の干支ふろしきです。
へび年は、新年限定パッケージ小形羊羹の「巳」(み)が3つ(3匹)並んだ絵柄です。












今回から、タグにとらやのロゴと西暦(2013)をお入れしました。













このように、お歳暮やお年賀を包んでいただくと、
心に残る贈り物となるのではないでしょうか。














干支ふろしきを、お年賀としてお使いいただくこともおすすめです。

















干支をデザインした 小形羊羹 と ふろしき は、この時季ならではの限定商品です。
毎年恒例の贈り物として、ぜひ 新年限定パッケージの小形羊羹 と ふろしき を
おつかいください。
先様も十二支が揃うことを、心待ちにしてくださるかもしれません。



-----------------------------------------------------------------
新年限定パッケージ 小形羊羹
 販売期間 2012年12月1日~2013年1月中旬
 販売店 全店・オンラインショップ
 販売価格 各1本210円・5本入1,155円

干支ふろしき
 販売期間 2012年12月1日~2013年1月上旬
 販売店 全店(一部の売店をのぞく)
 販売価格 1枚1,050円
※限定数のため、売り切れの際はご容赦ください。
-----------------------------------------------------------------

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Tuesday, December 04, 2012

en ~ 竹虎蒔絵井籠からみる匠の技術展 ~

京都で芸術を学ぶ学生たちが、「虎屋 京都ギャラリー」の展示を企画しました。

              とらや × 京都造形芸術大学
              en ~ 竹虎蒔絵井籠からみる匠の技術展 ~
































学生たちがたどりついたテーマは、京都を代表する伝統工芸 蒔絵(まきえ)。
漆芸にまつわる京の手仕事に注目し、原材料や職人の技術・道具などを、
虎屋が所蔵する江戸時代の菓子器「竹虎蒔絵井籠(たけとらまきえせいろう)」
とともに展示します。
タイトルには、蒔絵にかかわるさまざまな「en = 縁(えん)」との想いがこめられています。

歴史遺産学科・情報デザイン学科・美術工芸学科・映画学科・プロダクトデザイン学科
と多岐にわたる専攻の学生が、展示企画から広報活動までのすべてを行っています。
※画像の「ご案内はがき」も学生たちが製作しています。



プロジェクトのメンバーとメッセージをご紹介します。


















  
工芸はたくさんの縁から生まれています。
それは、私たちが普段目にすることのない
“工芸品ができるまで”に色濃くあらわれています。
本展覧会を通してひとつの工芸品の中に居る、
 多くの職人さんの存在を感じていただけたら嬉しく思います。

                                                      京都造形芸術大学
                                                      情報デザイン学科 2年
                                                      村井 彩奈



展示期間中は、プロジェクトメンバーの学生たちが、虎屋 京都ギャラリーに
常駐していますのでぜひお声がけください。


---------------------------------------------------------------------------------------
とらや × 京都造形芸術大学 「en ~ 竹虎蒔絵井籠からみる匠の技術展 ~」
   期間:2012年12月10日(月)~12月16日(日) 午前11時~午後5時
   会場:虎屋 京都ギャラリー
           京都市上京区一条通烏丸西入 虎屋菓寮 京都一条店横
           地下鉄今出川駅より徒歩約7分
   電話 075-431-4736
   休館日:なし
   入場無料 
---------------------------------------------------------------------------------------
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Monday, December 03, 2012

干支羊羹『巳』

毎年この時季になると、翌年の干支をテーマとした干支羊羹の販売が始まります。
平成25年(2013)の干支は「巳」。
今年は、家に福禄をもたらすとも言われる「白蛇」を表現した、干支羊羹『巳』を
おつくりしました。






















蛇は豊穣の象徴ともされてきましたが、特に「白蛇」は家に福禄をもたらすとも言われ、
神の使いであるとされて信仰の対象になり、多くの神社・仏閣で祀られています。

干支羊羹『巳』は、白煉羊羹に緑と白の道明寺羹を重ね、白蛇と草木のみどりを
抽象的に表わしています。

12年前の巳年にあわせてつくられた、
干支羊羹『幸の使い』(左の画像)をご覧ください。
「白蛇」を色彩を抑えて抽象的に表現している『巳』に
対して、『幸のつかい』は鮮明な色づかいとふたつの
曲線で蛇の動きを表わしています。




干支菓子やその原材料をご紹介した 昨年のブログ もご覧ください。



「白蛇」には、有名な‘弁財天の使いとして富をもたらす’という有名な伝説の他にも、
‘抜け殻を財布に入れておくと金運が舞い込む’や、‘白蛇が家や納屋に住みつくと
その家は栄える’など数多くの言い伝えがあります。

縁起の良い「白蛇」をモチーフにした干支羊羹『巳』は、季節のご挨拶や巳年生まれの
方への贈り物などにお勧めです。


-------------------------------------------------------------------------
干支羊羹『巳』
   販売期間:11月下旬~1月下旬
   販売店:全店・オンラインショップ
   価格:3,465円(税込)
-------------------------------------------------------------------------

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Sunday, December 02, 2012

TORAYA TOKYOに飾られた            フィリップ・ワイズベッカー氏の絵

TORAYA TOKYO に、フィリップ・ワイズベッカー氏の絵を飾りました。































1枚目は、以前このブログでご紹介した
TORAYA TOKYO 限定パッケージ の小形羊羹 の原画です。

店舗(喫茶)を入り右側に飾られたこの絵には、ワイズベッカー氏のサインとともに
〝TORAYA TOKYO STATION〟とタイトルまでが書かれています。

風合いある紙に描かれた、温かく優しいタッチのこの絵が飾られた空間にいると、
歴史が刻まれた煉瓦と和合した素晴らしさが感じられます。


















そしてもう1枚は、店舗(喫茶)の左側に飾られた力強いドローイングです。
TORAYA TOKYO が位置する南ドームを、細部を巧妙に省き、独特な線と視覚表現で
魅力的に描き出しています。

大きな紙にミニマルな表現で描かれたこの絵は、見る位置によって様々なことが感じられます。
少しはなれたベンチシートからの眺め(上の画像)もお勧めですが、席が空いている時は
目前のテーブルから心ゆくまでご鑑賞ください。




TORAYA TOKYO
   所在地:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京ステーションホテル2 階
   電話:03-5220-2345
   営業時間:10:00~21:00(平日・土曜)
                     10:00~20:00(日曜・祝日) 
                       *祝前日は21:00 まで。
                       *喫茶オーダーストップは閉店の30分前です。



ご意見お待ちしています
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Friday, November 30, 2012

とらやカレンダー2013

明日から師走。
2012年も残すところあと僅かとなり、1年をともにしたカレンダーとも
もうすぐお別れです。

「来年のカレンダー、なにか素敵なものはないかしら…」と
思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そんな皆さまに、今日は『とらやカレンダー』をご紹介いたします。





















このカレンダーは、「菓子見本帖」の絵をモチーフとしており、
季節の移ろいを菓子の意匠で楽しんでいただくことができます。

「菓子見本帖」については、このブログでも何度かご紹介しましたが、
菓子の絵と菓銘を記したデザイン帳のことで、今でいう商品カタログの
ような役割を果たしていました。
また、店の菓子を記録して後世に伝える役割もあったようです。














                    新製御菓子繪圖(しんせいおかしえず)


とらやの見本帖は全部で13冊あり、最古のものは元禄8年(1695)に作成されました。
2013年のカレンダーは、文政7年(1824)の「新製御菓子繪圖(しんせいおかしえず)」
から絵柄を選んでいます。
新しく考案された菓子を主に収録したと考えられ、当時の好みや流行がうかがえるようです。














見本帖の絵は、単純ながらも菓子の意匠の美しさ、
造形の面白さがよく表現されています。
また、どこか心が和むような、不思議な魅力も感じることができます。
絵画的技法を意識することなく、淡々と描かれたような雰囲気が、
独特の魅力を生んでいるのかもしれません。

「菓子見本帖」の絵柄を生かした、シンプルなデザインの『とらやカレンダー』は、
どのようなお部屋にもお使いいただけると思います。

付録の菓子の解説書をお読みいただければ、
菓子に込められた物語から、更に季節を感じていただくことができます。

2013年は、ぜひ『とらやカレンダー』とともにお過ごしください。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
『とらやカレンダー2013』
   販売期間:1月上旬まで
   販売店:赤坂本店・東京ミッドタウン店・銀座店・日本橋店・帝国ホテル店・御殿場店
         日本橋三越・新宿伊勢丹・新宿髙島屋・府中伊勢丹・立川髙島屋・立川伊勢丹
         町田小田急・京都一条店・京都四条店・京都髙島屋・JR京都伊勢丹・
         名古屋三越・名古屋髙島屋・梅田阪急・難波髙島屋
   価格:1,575円(税込)
   サイズ:20.5×10.1×1.8㎝
   用紙:和花紙
   版式/色数:オフセット4色
※数量限定につき、販売終了が前後する場合がございます。
※今年は、とらやの想いに共鳴してくださるお店でも販売中です。
    関東:Gallery & Shop“DO”CLASCA) ・ shop 様方堂(折形デザイン研究所)美篶堂
    関西:くるみの木月草) ・ 恵文社一乗寺店      セレクトショップ京
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

ご意見お待ちしています
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Monday, November 26, 2012

虎屋菓寮 京都一条店|紅葉が見ごろです

このところの冷え込みで、庭の紅葉がきれいに色づきました。















午前中は、陽が当たりひときわ美しく見えます。

















庭と反対の一条通り側です。

















夕方からはライトアップしています。

夕闇のなかで水鏡に揺れる紅葉には、なにか特別な魅力が感じられ、
中には肌寒さをものともせず庭に面したテラスにある特等席で
和菓子とライトアップされた紅葉を楽しむお客様もいらっしゃる程です。


京都一条店から程近い京都御所の紅葉も今が盛りです。
紅葉狩りで歩きつかれたら、ぜひ虎屋菓寮 京都一条店へ立ち寄りください。


※画像は11月20日(水)のものですが、11月末までは色づいた紅葉を楽しめそうです。

-------------------------------------------------------------------------------------
虎屋菓寮 京都一条店
   営業時間:平日 11:00~18:00(オーダーストップ17:30)
                   土日祝日10:00~18:00 (オーダーストップ17:30)
   住所:
京都市上京区一条通烏丸西入 (地図)  
   電話:075-441-3113
-------------------------------------------------------------------------------------

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.