Tuesday, August 09, 2011

とらやの扇子

平安時代に日本で生まれた扇子。
現在のように、扇いで涼をとるという使い方は、江戸時代後期に
広まったといわれています。

















この扇子は、とらや所蔵の「竹虎蒔絵井籠」(下の画像)をモチーフに、
京都の老舗 宮脇賣扇庵様とともに制作した
とらやオリジナルの扇子です。

柿渋塗りの仕上げは、もとの井籠や虎の風合がうまく再現されています。




蓋に描かれた虎を拡大したものが
左の画像です。
扇子では、折りに隠れていた、
精悍な表情がよくわかります。





今回ご紹介した「とらやオリジナル扇子」は、東京地区の
直営店限定で販売しています。
バッグに入れてもかさ張らずに持ち歩ける扇子。
蒸し暑い日、「とらやオリジナル扇子」で涼を呼んではいかがでしょうか?

とらやオリジナル扇子:5,040円(税込)


120円切手を貼ってポストに投函できる「郵送扇」も販売しています。
「郵送扇」で残暑御見舞に涼しさをお届けするのもおすすめです。

郵送扇:1,050円(税込)

郵送扇(郵送できる扇子型のはがき)












E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.