Thursday, August 04, 2011

『西瓜』と『水仙水藻の花』

8月前半販売の生菓子から、誕生した年代を視点に『西瓜(すいか)』
と『水仙水藻の花(すいせんみずものはな)』をご紹介いたします。















画像左の『西瓜』は、平成4年(1992)の社内の新商品コンテストで
考案された生菓子で、平成6年(1994)の虎屋菓撰会[注1]で初めて
お客様にお召し上がりいただきました。
丸い西瓜を四角くデフォルメした意匠(デザイン)は、ただ古いもの
を守るだけでなく常に新しい感覚を取り入れてきた、ある意味
「とらやらしい」菓子の一例ではないでしょうか。

画像右の『水仙水藻の花』は、昭和34年(1959)の色目表[注2]
『水藻の花』として記録されている、昭和に誕生した生菓子です。
この2つの生菓子を改めて眺めると、それぞれの時代の感性が
感じられます。

画像ではご紹介しておりませんが、同時期には安永2年(1773)頃
の「御用御菓子御直段帳」(癸巳安永二年春新製御菓子書入)
に記録が残る『花桔梗(はなききょう)』も販売しております。

それぞれの生菓子を通して様々な時代の感性に触れられることも、
和菓子の楽しみの一つかもしれません。

生菓子販売店、菓銘解説などにつきましては、とらやホームページ
でご紹介しております。


注1:1年を通して特別な菓子をお届けする頒布会です。
          毎年2月に直営店などで会員を募集しています。
注2:月々の店頭販売予定の生菓子を掲載した社内資料です。
         



E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.