Friday, June 24, 2011

鐶虎の設計図

とらや東京ミッドタウン店の暖簾(のれん)中央のこのマーク、皆さまはご存知でしょうか。
暖簾の他にも、ロゴ・商品パッケージ・パンフレット・店舗のサインなど、とらやであることを表現するための大切なマークです。

屋号の虎の字を4つの鐶(箪笥の引き出しの取っ手)で囲んだこのマークを、私たちは鐶虎(かんとら)と呼んでいます。
とらやに現存する最も古いものは、延宝2年(1674)の井籠(せいろう:お菓子を入れて運ぶ器)の外箱に描かれた鐶虎です。器物ごとに時代や作り手の個性が感じられますが、四つの鐶の中に虎を入れる形はかわりません。画像の元禄11年(1698)の竹虎青貝井籠(たけとらあおがいせいろう)の外箱にも、鐶虎が螺鈿(らでん)細工で描かれています。


ここまで鐶虎のルーツをご紹介しましたが、いよいよタイトルの「鐶虎の設計図」をご紹介します。

現在のパッケージや手提げ袋に使われている鐶虎は、昭和30~40年代に永井鐵太郎氏#1がデザインしなおしたものと言われています。設計図(割りだし図)には、コンパスや分度器の跡(片隅には試し書きも)が残り、当時の永井氏の苦労が感じられます。
#1:金属工芸家。昭和34年(1959)東京芸術大学在学中から虎屋に勤務しデザインを担当。
  その後創作活動に重きを置きながら、嘱託社員、顧問を経て平成17年(2005)退職。


鐶虎にご興味がある方はとらやホームページをご覧ください。
さまざまな鐶虎をご覧いただくことができます。


ご意見お待ちしています
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Monday, June 20, 2011

ヨックモック×とらやのギフト

東横のれん街60周年を記念して、東急百貨店のギフトセンターで
ヨックモック×とらやの特別企画ギフトを販売しています。

~ 東急百貨店ネットショッピングより ~

<東横のれん街60周年特別企画ギフト>
東横のれん街とともに歩み、歴史を重ねてきた老舗・名門が手を結び、美味と美味の夢の組合せが実現しました。
日本の夏の風物詩、老舗中の老舗伝統の水羊羹。バターをたっぷりと使った焼菓子の名作としておなじみのシガール。歴史を刻む和洋の銘菓を詰合せました。

●シガール×36、水羊羹:和三盆糖×4、黒砂糖、小倉、抹茶 各2
●数量限定販売
[含まれるアレルギー特定原材料7品目] 小麦、卵、乳









この特別ギフトは、ヨックモックのシガールと、とらやの水羊羹を

東急百貨店がセットし販売しています。
そのため、とらやの売店ではなくギフトセンター(東急東横店・
東急本店・東急たまプラーザ店)でご注文ください。

通常では手に入らない洋菓子と和菓子の詰合せです。
シガールが大好きな方、水羊羹がお好きな方、

ぜひ東横のれん街60周年特別企画ギフトをご検討ください。



E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Wednesday, June 15, 2011

和菓子を聴く

6月14日から、とらや東京ミッドタウン店ギャラリーで
「和菓子を聴く展」がはじまりました。
「聴く??」
和菓子から音はしないないのに、どういうことだろうと、
疑問を持たれるかもしれません。

でも、和菓子にも音はあるのです。
それは、菓銘(菓子の名前)の響き。

前期(6月14日~7月19日)では、和菓子の菓銘に注目し、
その銘から広がる情景を、菓子の絵図と共にご紹介しています。



突然ですが…

左の写真、水色の流れるこの展示台は、
ある羊羹の意匠(デザイン)を再現しています。
菓銘は一体何というでしょう?

①逃水
②水の宿
③天の川波

正解は…
どうぞ答え合わせにご来店ください。





後期(7月20日~9月13日)では、
音楽家の大友良英さんと一緒に、
菓銘、意匠、味わいから連想される情景を、音楽で表現します。
曲目は、『夜の梅』、『水の宿』、『残月』。
前回のブログでお伝えしたスタジオの写真は、
この「和菓子の音楽」のレコーディング風景でした。

そしてこの3曲は、ギャラリーで楽しんでいただくだけではなく、
CDに収録し7月20日から限定販売する予定です。

和菓子を楽しむときのBGMにいかがでしょうか?


* * * * * * * * * * * * * * *


和菓子を聴く展
2011年6月14日(火)~9月13日(火)
とらや東京ミッドタウン店(店舗併設ギャラリー)

前期:2011年6月14日(火)~7月19日(火)
「菓銘に宿る世界」
後期:2011年7月20日(水)~9月13日(火)
「和菓子の音楽」

*7月19日(火) は展示替え作業のため、ギャラリーは15時で閉場となります。
*9月13日(火)にクロージングイベントを開催いたします。
詳細は、7月20日以降に東京ミッドタウン店店頭、とらやホームページ、
当ブログにてご案内いたします。 
*期間中には、菓銘がまだ付けられていない羊羹を限定販売いたします。
お客様ご自身の感性と想像力で、名前を付けていただく商品です。

















とらや東京ミッドタウン店
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Friday, June 10, 2011

6月16日和菓子の日

皆さま、和菓子の日をご存知ですか。

和菓子の日は、西暦848年(承和15年・嘉祥元年)の夏、仁明天皇が御神託
に基づいて、6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えて、
疫病を除け健康招福を祈誓し、「嘉祥」と改元したという古例にちなみます。
その後も、疫を逃れ、健康招福を願うめでたい行事として歴史の中で受け継がれ、
明治時代まで盛んに行われていました。
この『嘉祥の日』を現代に復活させたのが「和菓子の日」です。
全国和菓子協会より抜粋)

それでは、和菓子の日にちなんだとらやの和菓子をご紹介します。
まず、とても可愛くて私の大好きな『福こばこ』です。























小箱を開けると中に3種類の菓子が入っています。
上から『御目出糖』『はね鯛』『なりひさご』という菓銘が付けられています。
その名を聞くだけで福を呼びそうです。
特に中央の可愛い鯛が、私のお気に入りです。食べるのがもったいないですね。
鯛の形をしたお菓子といえば「たい焼き」を思い浮かべる方が多いと思いますが、
この小ぶりの菓子は、柔らかな煉切の生菓子です。



















次に『嘉祥饅頭3個入』をご紹介します。
左から茶色の利休饅(御膳餡入)。全国和菓子協会の焼印入です。
真ん中は紅色の新饅(小倉餡)に招福の焼印を押しています。
こちらは和菓子の日のテーマでもある「厄除招福」の願いを込めています。
最後は、黄色の薯蕷饅頭(御膳餡入)に嘉祥通宝の印を付けたものです。
嘉祥通宝の「嘉通」が、武家のなかでは「勝」に通じることから
嘉祥通宝16枚でお菓子を買い、縁起を担いだといわれています。

この他にも、『嘉祥蒸羊羹』を販売しています。
『嘉祥蒸羊羹』は、とらやで年に3回登場する蒸羊羹のひとつです。
黒砂糖の餡に小麦粉・葛粉を混ぜて蒸し上げた、煉羊羹とは違う
もっちりとした素朴な食感が特徴です。

今年の夏は、電力不足による節電で例年より過ごしにくくなりそうですが、
先人の知恵にならい、ミネラルたっぷりの黒砂糖で
盛夏を乗り切りたいですね。

今回ご紹介したお菓子の取り扱い店舗・販売期間については、
とらやホームページお近くの店舗にお問い合わせください。


E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/

Monday, June 06, 2011

とらや、大友良英さんと会う

みなさまは、大友良英さんをご存知ですか?

大友さんは、80年代からインディペンデントに活躍されている音楽家です。
ジャンルは、ひと言で言い表すことはできません。
あるときは激しいノイズ、あるときは繊細で優しい音色、
あるときはメッセージの込められた歌、あるときは鬼気迫るフリージャズ。
現在では、プロジェクト「FUKUSHIMA!」を立ち上げ、
震災後に原発の被害にあった福島県から、
「文化」を世界へ発信する活動をされています。
福島県は大友さんが10代の頃を過ごした地でもあります。
(詳細はこちらをご覧くださいhttp://www.pj-fukushima.jp/index.html

和菓子屋とは活躍の場が異なる方ですが、
実は今、そんな大友さんとレコーディングスタジオにきています。
それはなぜか・・・。
(ヒントは、とらや東京ミッドタウン店の展示ギャラリーにあります)

まだ詳しくはお話できませんが、
とても素敵なものが生まれそうです。
その内容は、ブログでまたご報告いたします。
どうぞお楽しみに。



とらや東京ミッドタウン店

Wednesday, June 01, 2011

とらやブログ始めました

皆さま、はじめまして。

とらやの「お客様においしい和菓子を喜んで召し上がって頂きたい」との思いをお伝えするために、
とらやブログを開設いたします。
和菓子のことはもちろん、とらやに伝わる言い伝えやイベント情報など、
スタッフの視点でその時々の話題を幅広くご紹介していこうと考えています。

ブログに対するご意見などありましたら、blog@toraya-group.co.jpまでお寄せください。
どうぞよろしくお願いいたします。




ご意見お待ちしております 
E-MAIL: blog@toraya-group.co.jp | http://www.toraya-group.co.jp/
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.